( ゚д゚ ) チョコレートでダイエット? ( ´3`)

チョコレートを食べれば血糖値が上昇します。
そのため、食前に食べれば満腹中枢が刺激されて、食欲が減退します。

ただ、これはチョコレートに限った話ではありません。
ケーキでもクッキーでも同様です。少量のケーキやクッキーなどを食前に食べて血糖値を上昇させてから食事を摂れば、食事中のドカ食いを予防できます。

満腹中枢を刺激してダイエットする方法の場合、チョコレートに限らず何でもそうなんですが、食前に食べることが重要になります。

これらのものを食後に食べてしまうと、食事はお腹いっぱい食べた上に、デザートまで食べてしまいカロリーオーバーになりやすくなります。(食後にデザートを食べたいと思うと、血糖値が上昇しているにも関わらず食べることが出来てしまいますので、注意が必要です)


ところで、チョコレートに入っているカカオポリフェノールですが、甲状腺ホルモンを分泌しやすくする効果がありますので、カカオの量の多いチョコレートはダイエットに良いということで人気です。

でも、甲状腺ホルモンの原材料になる「ヨウ素」を摂取していなければ、カカオをたらふく食べたところで体内の甲状腺ホルモンの量は増えにくいですので、カカオ以外にも「ヨウ素」を多く含んでいる「海藻類」などもしっかりと食べた方がよいと思います。

広告