【前髪】 広いおでこのヘアスタイル

おでこが広いことで悩んでいるのは男性だけではありません。
女性もおでこの広さで悩んでいる方がたくさんおられます。

特に、元々は普通サイズのおでこだったのに、徐々に大きくなり、現在では立派なおでこになってきたと言う場合は、悩みの具合も深刻です。

また、薄毛とともにおでこのサイズがさらに大きくなってきた場合も、おでこの悩みが大きくなる原因となります。

スポンサーリンク

1.おでこがこのまま広がり続けるのではないかと言う悩み
2.おでこが目立ってしまうことに対する悩み
3.前髪が少なくて、おでこが隠れてくれないと言う悩み
4.おでこの平均値から大きく外れているのではないかと言う悩み
5.おでこの形が気に入らないと言う悩み
6.おでこの広さが遺伝するのではないかという悩み


1.おでこのがこのまま広がり続けるのではないかと言う悩み

おでこは、年をとるに連れて広くなりやすいです。また、前髪(髪全体)の毛量も減りがちになりますので、どうしてもおでこは広がりやすくなります。

この他、牽引性の脱毛前髪が薄くなることよってもおでこは広がりやすいです。
牽引性の脱毛とは、前髪を伸ばして前髪をピンなどで留めたり、ゴムで括ったりと言った、『毛が引っ張られることによって起こる脱毛』です。

この他、牽引性脱毛は 『前髪を掻き上げる仕草』 や、『同じ場所ばかりを分け目にする』 ことでも起こりやすいです。

という訳で、よりおでこが広くならないようにするためには、前髪は切ってピンで止めたり括ったり手で掻きあげたりせずにした方が無難です。


2.おでこが目立ってしまうことに対する悩み

おでこが広いと、おでこが目立ちやすいです。
特に、丸みのあるおでこの場合は、目立ちやすいです。
ですので、おでこをできるだけ隠す方向でいくのならば、前髪を伸ばさずに下ろしておでこを隠すと、おでこが隠れやすくなります。

前髪が少なくておでこが隠れにくい場合は、ショートヘアにして後ろの髪も前髪に充てたり、前髪ウィッグや部分かつらなどで対処するとおでこが隠れやすいです。


3.前髪が少なくておでこが隠れてくれないと言う悩み

前髪が薄いと、おでこを隠しにくいです。
このような場合は、ショートヘアにして、後ろの方の毛も前髪に充てたり、前髪ウィッグなどで対処すると、おでこを隠しやすいです。


4.おでこの平均値から大きく外れているのではないかと言う悩み

以前、女性だらけの飲み会で、おでこの長さを測ったことがあるのですが、その結果は以下の通りでした。(9人で計測(眉間〜髪の生え際まで)


  • 最大 7cm
  • 最小 4.5cm
  • 5〜6cm位が多かった

7cm の彼女は、「ひょえー 私、おでこデカ!(ノ∀`) 」と笑っていました。
おでこが平均よりも大きいことで悩む原因の一つが、結婚しにくいだとかモテにくいだとかと言うことだと思うのですが、おでこの一番広かった彼女は、さっさと結婚して幸せに暮らしています。

でも、おでこが普通くらいの私は完全に行き遅れてしまいましたし、全然モテませんでした。
なので、おでこのサイズとモテたり結婚できたりと言うのは、あまり関係ないのではないかと思います。


5.おでこの形が気に入らないと言う悩み

おでこにはいろいろな形があります。


  • 直線型(横一線)
  • 富士額型(∧)
  • 丸型(∩)
  • M字型(M)

おでこの形は千差万別で、それが個性にもなっています。
いずれにおでこの形も、前髪を下ろして隠してしまえばわかりにくいです。

ですので、普通は気にするほどでもないのではないかと思います。
あと、おでこ周りの産毛がチロチロと生えていると、おでこの形が分かりにくくなりますので、おでこ周りの産毛は、できるだけ育んであげたほうが無難かと思います。


6.おでこの広さが遺伝するのではないかという悩み

おでこの広さは遺伝する可能性もあるようです。
でも、ご主人のおでこが狭い場合などは、確実に自分のおでこの広さが遺伝するとは限りません。

また、広いおでこを前髪で隠せば目立ちませんし(おでこの広いのが分かりにくくなりますし)、広いおでこをチャームポイントとして生きるのもありなんではないかと思います。

ちなみに、『4.おでこの平均値から大きく外れているのではないかと言う悩み』 でも書きましたが、おでこの大きさと結婚できるできない・モテるモテないは関係ないように思います。


おでこの豆知識

映画・エリザベス では、当時のヘアスタイルや衣装が再現されました。
当然、エリザベス一世も当時のヘアスタイルを文献や肖像画から再現したのでした。

当時は広いおでこがお洒落とされていましたので、人一倍おしゃれに気を使っていたエリザベス一世は、おでこ付近の髪の毛を剃り、おでこを広く大きく見せていたようです。

そのようなわけで、エリザベス一世を演じたケイト・ブランシェットさんは、撮影中、前髪付近の髪の毛をずっと剃り続けたんだそうです。

ちなみに、エリザベス一世は人一倍肌を白く見せるために、鉛の入った白粉などを付けていたんだそうです。(エリザベス一世は、お洒落に人一倍の労力をかけた女性でした)


スポンサーリンク