【簡単】 カラー オン リタッチ 白髪隠しEX を使ってみた 【生え際かくし】

スポンサーリンク

カラー オン リタッチ 白髪隠しEXを使用してみた感想

1. 結構黒っぽかった
ヘナ 染めで茶色くなっている髪ですと、カラーオンリタッチ 白髪隠しEXを塗ったところと塗っていない所がはっきりと別れてしまい、不自然になってしまいました。 サロンドプロの無香料ヘアカラー と併用すれば色が合わせやすくなるそうですので、それとあわせて使うと、カラー オン リタッチ 白髪隠しEXを使った時の色や明暗の差ができにくくなるのではないかと思います。



2.手などに白髪隠しの染料が付いてしまうと非常に落ちにくい
手などにカラー オン リタッチ 白髪隠しEXの染料がついてしまうと非常に落としにくいので、使用する際は注意が必要かと思います。
(手に油性のハンドクリームなどをつけていると、若干落としやすくなるようです)



3.ブラシは毎回染色液を付け直さなくても何度か髪に付けられる
ブラシは毎回ボトルに付け直さなくても、何度か染料を髪につけることができます。



4.ボトルからブラシを抜く時は染色液の飛び散りに注意
ブラシが曲がっているため、ブラシをボトルから引き抜く時に染料がピンッと跳ねやすいですので、ブラシをボトルから引き抜くときは、ゆっくりブラシの形に沿わせるようにして引き抜くと良いかと思います。



5.ブラシが髪に絡むことがある
髪の毛にサロンドプロのカラー オン リタッチ 白髪隠しEXのブラシで染料を付けてやる時に、そのブラシの毛に髪が絡んでしまうことがあります。

このため、髪の毛が長かったり髪をくくっているときは、髪がバラけてしまうことがあります。
(髪がバラけてしまった時にすぐに手やブラシなどで髪を直してしまうと、手やブラシなどに染料が付着してしまいますので、髪を直すのは完全に染料が乾燥してからが良いです)



6.染料が完全に乾燥する前に触ると、染料が手に付着する
染料が乾く前に手などで髪を触ると、染料が付着してしまいますので、完全に乾燥してから触ったほうが良いです。(手などについた染料は落としにくいです)

染料を厚めに髪に塗ってしまった場合は、乾燥にかなりの時間がかかってしまいますので、普段よりも長めに乾燥時間をとっておいたほうが良いです。



7.水に濡れると色が落ちる
カラーオンリタッチ 白髪隠しEXを塗った髪が、水に濡れると色が落ちてしまします。
これは、汗(滝汗)の時も同様です。
ドンドン色が落ちていきます。

ですので、夏の暑い日にカラーオンリタッチ白髪隠しEXを塗ってから汗をたくさんかくのは、止めておいたほうが無難かと思います。



8.洗顔やシャンプーで色が落ちる
カラーオンリタッチ 白髪隠しEXは、使用するたびに徐々に色がつくタイプの白髪染めと書かれてありましたが、洗顔やシャンプーなどではかなり色落ちをしてしまいます。
ですので、洗顔するときは、タオル等に色移りしないように気をつけたほうが良いですし、シャンプーする際は、洗い残しがないように気をつけたほうが良いです。


9.あまり染色しない
実際に何度か使用したのですが、そんなに髪の毛は染まらないです。
ですので、数回使い続ければ髪が真っ黒というのは、あまり期待しないほうが良いかと思います。



10.広い範囲に塗るのには向いていない
カラーオンリタッチ 白髪隠しEXは、広い範囲に塗るのには向いていないです。
何故なら、カラー オン リタッチ 白髪隠しEXはブラシのサイズが小さいですし、染料の量も少ないからです。ですので、あくまでもメインは普通の白髪染めで、補助的な範囲でカラーオンリタッチ 白髪隠しEXを使用するのがよいかと思います。



11.浮いている髪(立っている髪)には使いにくい
パーマなどで髪立っていたり浮いていたりすると使いにくいです。何故なら、カラーオンリタッチ白髪隠しEXは、ブラシを撫でるように髪を接触させることで染料を髪につけるからです。
ですので、浮いている髪に使うときは、手や櫛などを使い、髪を一時的に抑えたりした方が塗りやすいです。(その際は、手に染料がつかないように注意したほうが良いです)



この他、一般的に店舗で多数のバリエーションを陳列するのは難しいですので、マイナーな色(ブラックとダークブラウン以外)を使いたいときは、通販での購入が便利かと思いました。


関連記事

石鹸シャンプーとヘアカラーの入りやすさ
(ヘアカラーの入りやすいシャンプーについての記事)

スポンサーリンク