【自然体】 白髪が増えてきた時の対処法を徹底的に比較してみた 【染めまくり】

白髪が増えてくると困ることがあります。
それは、白髪染めをした後の生え際から白髪が大量に生えてきて、コーヒーゼリーの上から生クリームをかけた時のような状態になってしまうと言うことです。

こうなってしまいますと、染めても染めてもキリが無くなり頻繁に染め続けなければならなくなります。そこで、白髪が増えてきたときの対処法について、色々と比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

自分でブリーチする

利点
白髪が目立ちにくくなる

欠点
髪が傷みやすい
生え際の黒い髪が目立ちやすい


自分で白髪染めする

利点
色落ちしにくい
もちが良い

欠点
髪が傷みやすい
地肌が傷みやすい


自分でヘアカラー成分配合のヘアマニキュアをする

利点
艶が出やすい
色落ちしにくい
もちが良い

欠点
髪が傷みやすい
地肌が傷みやすい


自分で生え際の白髪隠しを使う

利点
気になる部分の生え際だけを集中してカバーできる

欠点
定期的に全体染めも必要
汗や皮脂に弱いものがある
ヘアスタイルが限定される(ショートヘアやアップスタイルの場合は大量に塗る必要がある)


自分でヘアマニキュアをする

利点
艶が出やすい
髪が傷みにくい

欠点
もちが悪い
色落ちしやすい


美容院で白髪染めする

利点
色落ちしにくい
もちが良い
自分でやるよりも髪や地肌が傷みにくい

欠点
お金がかかる


美容院でヘアマニキュア(ヘアカラー成分なし)する

利点
髪が傷みにくい
艶が出る

欠点
お金がかかる
もちが悪い
色落ちしやすい


自分でヘナで白髪染め(ヘナ+インディゴも含む)する

利点
髪が傷みにくい
艶が出やすい

欠点
色が落ちやすい
もちが悪い


自分で白髪隠し用ファンデーションを塗る

利点
手軽
髪が痛まない

欠点
汗や皮脂に注意
染色できないので毎回塗る必要がある
お金がかかる


放置する

利点
髪が傷みにくい
手間がかからない
お金がかからない

欠点
髪が真っ白になるまでは汚く見えがち


自分でヘアカラートリートメントする

利点
髪をトリートメントできる

欠点
染まりにくい
色落ちしやすい
もちが悪い
お金がかかる


関連ページ

【高品質】 ナイアードのヘナ使用体験談 【タップリ使える】

【ヘアケアしながら】 レフィーネ使用体験談 【毛染めする】

【女性用】 かつら(ヘアウィッグ)のススメ 【白髪&薄毛対策】


白髪ケア法比較

1. 放置する
白髪染めは一切しない方法です。
白髪染めをしませんので、白髪と黒髪が斑状に存在します。


2.髪が傷まないように染める
ヘナヘアマニキュアヘアカラートリートメントなどを使って染める方法です。
毛が痛まないので、頻繁に染められます。
ただし、ヘアカラー成分の入っているヘアマニキュアについては使用することで白髪染め同様に髪や地肌が痛みます。

また、ヘアカラートリートメント・ヘアマニキュア・ヘナ(インディゴ(木藍)配合のもの)は、普通の白髪染めと比較して染まりにくいです。


  


3.髪が痛む方法で染める
白髪染めや、白髪染めの成分の入ったヘアマニキュアで染めると髪が痛みますが、この方法で染めると非常によく白髪が染まりますし、色落ちしにくいです。
ただし、髪の毛や地肌が傷みやすいので、頻繁に染めることはできません。


4.髪が痛む方法+白髪の生え際隠しで染める
髪が痛む方法で白髪を染めるのは髪や地肌が痛みますので、頻繁には染められません。
そこで、白髪の生え際だけを白髪の生え際隠しで染めるか、隠してしまいます。
(白髪の生え際隠しには、染色作用のあるものとただ単に隠すものの2種類があります)

これですと、頻繁に白髪染めをする必要がないです。
ただし、ベリーショートヘアショートヘアの場合は、隠さねばならない部分が生え際にとどまらず、襟足部分髪全体に及びますので、この方法はミディアムヘア以上の長さのヘアスタイルに向いています。


関連ページ

【高品質】 ナイアードのヘナ使用体験談 【タップリ使える】

【ヘアケアしながら】 レフィーネ使用体験談 【毛染めする】

【女性用】 かつら(ヘアウィッグ)のススメ 【白髪&薄毛対策】


白髪とヘアスタイル

ベリーショート

  • 頻繁な全体の白髪染めが必要
  • 白髪染めしている部分がなくなり、全部白髪になるまでに期間がかかりにくい
  • 手入れが楽

ショートヘア

  • 生え際・襟足部分の白髪が目立ちやすい
  • ベリーショート程ではないものの、頻繁な全体の白髪染めが必要
  • 手入れが楽

ミディアムヘア

  • 生え際の白髪が目立ちやすい
  • 全体染め+生え際の白髪染めが必要
  • 襟足部分の白髪が目立ちにくいので、頻繁な全体の白髪染めは不要
  • ロングヘアと比較して、手入れが楽
  • ショートヘアと比較して手入れが大変

ロングヘア

  • 生え際の白髪が目立ちやすい
  • 襟足部分の白髪は目立ちにくい
  • 襟足部分の白髪が目立ちにくいので、頻繁な全体の白髪染めは不要
  • 白髪染め液がたくさん必要
    (ヘアカラートリートメント・ヘナ液なども含む)
  • ミディアムヘアと比較して手入れが大変

※注
ミディアムヘア・ロングヘアは、アップスタイルにしないことが前提になっています。
アップスタイルにする場合は、アップスタイルにすることで剥き出しになる部分の白髪が見えやすくなります。


手入れの楽さ

ベリーショートヘア → ショートヘア → ミディアムヘア → ロングヘア

白髪の生え際隠しの楽さ

ロングヘア→ ミディアムヘア → ショートヘア → ベリーショートヘア

白髪染め(全体染め)の楽さ

ベリーショートヘア → ショートヘア → ミディアムヘア → ロングヘア

白髪染め(全体染め)にかかるコスト

ロングヘア → ミディアムヘア → ショートヘア → ベリーショートヘア

白髪染め(生え際の白髪隠し)にかかるコスト

ベリーショートヘア → ショートヘア → ミディアムヘア → ロングヘア

白髪染め部分がなくなるまでの期間

ベリーショートヘア → ショートヘア → ミディアムヘア → ロングヘア


スポンサーリンク