栄養豊富な緑黄色野菜 ニンジンを使ったメニュー

ニンジンを使った簡単な節約レシピです。

基本的には、主役にはならない野菜ですが、あった方が彩りや栄養が充実しますので、常時、冷蔵庫の中に入っている方が良い野菜です。



サラダとして使う

ニンジンを千切りすると、サラダとして使用できます。
ドレッシングやマヨネーズと和えるだけで、簡単にニンジンを食べることができます。

ニンジンは硬いので、みじん切りや千切りは大変です。

確かに、スライサーを使うと楽なのですが、スライサーで皮を削いでしまって大出血してしまった私は、怖くてとてもスライサーは使えません。

じゃあどうしているのかと言うと、一つは包丁を切れ味が良いものに変えること。
もう一つは、電動スライサーを使うことです。

電動スライサーの方は、まとまった千切りや擦り下ろしをする時に使いますので、普段は使いません。


普段は、切れ味の良い包丁でニンジンを切っています。
いつも使っている包丁はこれ。

『 かぼーちょう 』と言う包丁です。
これ、めっちゃ良く切れます。

丸ごとの安売りしている旬のかぼちゃを切るのがしんどいと言うので仕方なく買ったんですが、これがどうして、ニンジンなどの固い野菜を切るのにも重宝しておりまして。

本当によく切れるんであります。

多分、普通の包丁だと、このレベルの薄切りのニンジンを切るのは無理なんじゃないかと思うんですが、かぼーちょうは、このレベルの千切りニンジンも普通に切れます。
(かぼーちょうがなければ、もっとニンジン料理をつくる頻度は少なかったかも)


戻る


シチュー・カレーなどに使う

ニンジンは安い時にまとめ買いして、保存もききやすいので、シチューカレーなどに多めに使うことが多いです。

節約生活では『 具の量 』が問題になりやすいですが、ニンジンだけは外さないようにしています。

外すとしたらジャガイモが多いです。
ジャガイモは、安い時は安いのですが、値段が高くなると使えない野菜No1になります。

ちなみに、ジャガイモ抜きのシチューは、こんな感じになります。


戻る


ニンジンがメインの料理

ニンジンポタージュ
これは普通に美味しいです。

小さめに切ったニンジンと玉ねぎをブイヨンスープでよく煮て、後は、牛乳と一緒にミキサーでスープ状にすればOKです。

簡単に作れますが、洗い物が多めに出るので敬遠しがちにはなりますが、安くで美味しいスープ料理ができます。

後は、ニンジンのシリシリ

沖縄の言葉で、シリシリはスライサーでスリスリして細切りにすることを言うそうです。

ニンジンを細切りしたものを、ほんだしを加えて炒めて、最後にザッと溶き卵を加えただけの本当に簡単な料理で、作りやすいし片付けも楽な料理です。

味は普通に美味しいです。
美味しくて簡単なので、料理が面倒くさい日は、これで済ますこともあります。( ̄m ̄)


戻る


ニンジンを使った副菜

まずはニンジンのキンピラ
これは簡単で楽に作れます。

ニンジンの千切りは、かぼーちょうを使っているので楽です。
(かぼーちょうを使ってなかったらしんどいです。(;´_`;))

これはめんつゆをかけただけの、簡単なニンジンのおひたし。
これは簡単にできますが、それほど美味しいものじゃありません。

味と言ってもめんつゆの味ですし、ニンジンが余ったら作る感じです。


戻る


ジューサーから出たニンジンの搾りかす

ニンジン(キャロット)ジュースを作った後のニンジンの搾りかすですが、試しに、ニンジンの搾りかすで作ったクッキーなんてのを作ってみました。

出来上がりはこちら。
モッタリした感じで、何となく嫌な悪寒です。

内側はこんな感じ。
ニンジンの搾りカスがクッキー生地にかなりはいっていますので、クッキーの内側はシットリしています。

 

食べ感じは・・・。
しっとした野菜クッキーみたいな感じ、でした。(;´_`;)
(食べれなくはないですが、美味しいものではなかったです)


戻る


次ページ

副菜でも主菜でもOK! 大根を使ったメニュー

前ページ

胸肉なら100g30円台! 鶏肉を使った格安メニュー


スポンサーリンク