胸肉なら100g30円台! 鶏肉を使った格安メニュー

鶏肉は豚肉や牛肉と比べ、安くで購入できます。

ですので、価格が同じ場合、鶏肉は豚肉や牛肉よりも、より多くの動物性蛋白質を摂ることができます。



鶏肉の種類

鶏肉には何種類かあります。


  • 胸肉
    胸のあたりのお肉です。
    パサパサして食べにくいです。
  • モモ肉
    柔らかく食べやすいお肉です。
    胸肉よりも高価です。
  • ササミ
    脂肪分の少ないお肉です。
  • レバー(肝)
    鶏の肝臓です。
    栄養が豊富です。
  • 手羽
    腕の部分の骨付き肉です。
  • 手羽先
    手の先の骨と皮の部分です。
    コラーゲン多めです。

値段的にお手頃なのは、胸肉とモモ肉です。

節約生活中は、この二つを中心に食べていくことになります。
特に、価格の安い胸肉は節約生活ではなくてはならないものです。

ただし、鶏の胸肉に走っている繊維のせいで、加熱した鳥の胸肉は固くてパサパサして食べにくいため、慣れや調理の工夫が必要になります。


戻る


カレーやシチューの肉として使う

鶏肉をカレーやシチューの肉として使うと、カレーやシチューの材料費をかなり抑えることができます。

鶏もも肉であれば、そのまま美味しく食べれますが、鶏の胸肉はパサパサしているので、慣れが必要かもしれません。
(慣れてしまうと、味と風味の良さから胸肉の方が食べやすくなると思うのですが)


戻る


茹でた鶏胸肉をサラダに加える

茹でた鶏胸肉を手で大雑把に割いたものをサラダに加えます。
マヨネーズとの相性は非常に良いです。

鶏の胸肉が入っていますので、マヨネーズにはレモン汁やカラシや胡椒を入れた方が食べやすいです。


マヨネーズに入れた方が美味しいもの

  • レモン汁
  • カラシ
  • 粗挽き胡椒


戻る


鶏皮のポン酢

茹でた鶏胸肉の部分はサラダ副菜に使い、皮の部分鶏皮のポン酢として使います。

酢の物の中に加えても美味しいです。


戻る


鶏肉のステーキ

鶏胸肉をフライパンで焼いただけの簡単な料理です。

ソースはケチャップととんかつソースとウスターソースを、お肉を焼いたあとのフライパンに1:1:1の割合で入れて温めるとできます。

表面をこんがり焼いたあと、蓋付きフライパンで中まで弱火でしっかりと火を通します。
(蓋付きフライパンだと、お肉の水分が逃げて固くなりにくいです)

牛肉や豚ロースなどと違い、鶏胸肉は蓋なしだと、なかなか中まで火が通りません。


戻る


鶏団子

鶏のミンチ肉高価なので、できるだけ自分で作ります。
(鶏肉はミンチにするための半端肉が出にくい上に、サルモネラ菌が増殖してしまう危険性もあるため、鶏のミンチ肉の値段は高くなっています)

鶏のミンチ肉の作り方はとても簡単です。
包丁でザクザクと切り刻んだあと、叩くようにして粉砕すればOK。

ただし、自力で作ったミンチ肉を『 鶏そぼろ 』などの『 団子でないミンチ肉を使った料理 』に使ってしまうと、ゴロゴロの塊になって、上手くポロポロしてくれないので、自力で作ったミンチ肉を使うのは、鶏団子の料理の時だけにします。

この鶏の肉団子の料理はお鍋のつみれとしても使えますし、鶏肉の肉団子としても使えます。

ただし、鶏の肉団子を胸肉で作ってしまいますと、片栗粉やお酒などを加えないと、固いゴリゴリしたつみれになってしまいますので、その点だけは注意が必要です。


  • 自力で鶏のミンチ肉が作れる
  • 自力の鶏ミンチ肉は、肉団子系の料理につかう
  • 鶏胸肉を肉団子として使う場合は、片栗粉お酒などを混ぜて、肉団子を柔らかくする必要がある

戻る


丼物

鶏胸肉を使った親子丼です。

普通、親子丼は、鶏もも肉を使った方が美味しいですが、食べ慣れてくると、鶏胸肉の親子丼もなかなか美味しいです。

安い鶏の胸肉を使った親子丼の場合、お肉の量を増やせる点が良いです。
(鶏胸肉 100g 35円、鶏もも肉 100g 85円の場合、お肉に費やせる金額が同じであれば、鶏の胸肉であれば倍量のお肉を食べることができます)

この他、鶏肉とネギを使った鶏ネギ丼もなかなか美味しかったです。
(こちらはさすがに鶏のモモ肉でないときつかったです)


鶏の照り焼き丼

鶏もも肉照り焼きにしてご飯に乗せただけのシンプルメニューです。

マヨネーズをかけて食べる人もいるようですが、私はそれはチャレンジしたことがありません。
(なんとなく怖くて。(;´∀`))

実に簡単な上に、味は普通に美味しかったです。
照り焼きなので、鶏もも肉を使います。


戻る


次ページ

栄養豊富な緑黄色野菜 ニンジンを使ったメニュー

前ページ

年中安い!節約生活の救世主 キャベツを使ったメニュー


スポンサーリンク