【種類】 紅茶を送る際の注意点 【ブランド】


紅茶は、贈り物としては一般的で無難です。
しかし、紅茶を贈り物として贈る場合には、いくつか注意しておいたほうが良い点があります。

紅茶をギフトとして贈る際の注意点

1.紅茶を好きかどうか確かめる
   紅茶が苦手な方もおられるのため。

2.めんどくさいのが苦手な人かどうかを調べる
   ティーバッグの紅茶しか飲みたくない方もおられるため。

3.ティバッグの紅茶を飲めるかどうかを調べる
   ティバッグの紅茶は苦手な方もおられるため。

4.有機栽培の紅茶の方が良いか調べる
   できるだけ有機栽培のものを口にしたい方がおられるため。

5.どんな紅茶が良いのかを考える
   先様の好みがよく分からない場合は、一般的な紅茶が無難。
   普通のが良いか、渋みの少ないのが良いか、味や香りが珍しいのがよいか、
   花や果物の香りが+されているものが良いかなど。

6.どんなブランドが良いかを考える
   ブランドに拘りのある方もおられるので。

7.どこのお店で購入するのが良いか考える
   人や地方によっては、特に喜ばれる百貨店(デパート)や専門店があるため。

8.金額はいくらぐらいのものにするかを考える
   お中元・お歳暮・快気祝い・結婚祝い・新築祝いなど相場に応じて、
   いくらぐらいのものを贈るのが適当なのかを考える。

9.紅茶の量を考える
   一人暮らしの方に贈る場合、一人暮らしにしたら紅茶が多すぎるけれど、
   金額は減らせない場合は、紅茶セット(ジャム・タオル・クッキー類など)で注文するのが無難



10.紅茶のギフトを手渡しするか、配送にするかを決める
    場合によっては、手渡しした方が良い場合もあるため、気をつける。
    通販で買ったものを手渡しする場合は、手提げ袋がセットの方が好ましい。
    ( 高島屋オンラインストア では、手渡し用の紙袋をつけるかどうかを、
    注文時に指定できるようになっています)


関連商品

高島屋のオンラインショップで販売中の 紅茶 を見る

関連ページ

父の快気祝いに高島屋のギフトを贈った時の体験談


実際に紅茶を贈ってみよう!

紅茶を贈る際には、二つの目安があります。
一つは紅茶の 『種類』 です。
(アッサム・ダージリン・ウバなど)

普通、ギフト用として市販されている紅茶の多くが、一般受けしやすく飲みやすくメジャーな種類の紅茶(アッサムやダージリンなど)です。

ですので、先様の好みにあった珍しい種類の紅茶や有機栽培された紅茶を贈るためには、ギフト用のラッピングをしてくれる専門店で購入する必要があります。

もう一つは、紅茶の 『ブランド』 です。
(Minton・Wedgwood・GODIVA・Lipton・FAUCHONなど)
もし先様がお好きなブランドがあるのであれば、そのブランドの紅茶を贈ると良いかと思います。


スポンサーリンク