にんにくの芽を発芽させないように長期間保存する5つの方法

ニンニク発芽してしまっても、発芽したニンニクは食べられます。

でも、ニンニクが発芽してしまうと、発芽にニンニク本体の栄養分を使ってしまい、味と栄養が落ちてしまいます。

そのため、ニンニクは発芽させないことが大切になります。

そうは言っても、少し目を離すと、ニンニクはすぐに発芽してしまいます。

特に暑い季節暖かい季節
もう、悲しいくらいすぐに発芽してしまいます。

では、発芽させずにニンニクを保存する方法はあるのでしょうか?


発芽せずにニンニクを保管する方法

発芽させずにニンニクを保管する方法には、加工して保管する方法と、加工せずに保管する方法の2種類があります。

加工せずに保管する方法は、ニンニクをそのまま使った料理にも使えます。

加工して保管する方法は、色々なお料理に使うことはできますが、ニンニクをそのまま使った料理には不向きです。


ニンニクの保存方法と発芽のまとめ

加工方法 加工する 発芽しない
新聞紙で包んで冷蔵庫に保管 ×
発芽抑制加工したニンニクを購入 ×
にんにくのオイル漬け
にんにく醤油
にんにくオイル
揚げニンニク

紙で包んで冷蔵庫に保管

  • に包んで冷蔵庫で保管
  • ほとんど発芽しなくなる
  • カビに注意
  • 紙の交換はこまめに行う
  • 冷蔵庫は大きめのものを使う
  • 発芽抑制加工されていなくても保存可能


買ってきたニンニクを紙で包んで冷蔵庫に保管します。
これで、ほとんど発芽しなくなります。

ニンニクを大量に通販で購入する時は、新聞紙で包まれていることが多いです。
(紙とニンニクの相性は良いようで)

ただし、ほんの少し芽は出てしまうものがあります。

全部ではないのですが、数ヶ月のニンニクの保管で、10中1個〜3個くらいは出てしまいます。

でも、大半は大丈夫です。

問題はカビです。

ニンニクから大量の水分が出てきますので、紙を頻繁に交換しないと、ニンニクが湿気でカビてしまいます。

カビないようにするためには、1週間に一度くらいは紙を交換した方が良いように思います。

一個か二個くらいであれば大した作業ではないのですが、通販で大量購入した場合は、紙の交換だけでも、結構な作業量になってしまいます。

また、冷蔵庫のスペースをとるのも問題です。

1個か2個程度であれば問題ないのですが、通販などで購入した大量のにんにくの場合は、かなりの冷蔵庫のスペースがニンニクの保管で潰れます。


【安】 通販でにんにくを購入してみた 【送料】


発芽抑制加工したニンニクを購入する

  • 芽が出にくい
    熱処理されていないニンニクと比較して
  • 値段が高い
    熱処理されていないニンニクと比較して
  • 発芽加工処理されたニンニクを購入する
  • 発芽加工処理は 熱処理 + 低温保存 で行われる
  • 国産ニンニクには芽止め剤は使われておらず安全・安心
    中国産は不明
  • できれば冷蔵庫での保管が良い

予め、発芽抑制加工されたニンニクを購入します。

現在の日本では、ニンニクに発芽抑制剤(芽止め剤)を使用するのは禁止されています。
(ニンニクの発芽抑制剤の発がん作用のため)

ですので、発芽抑制加工された国産のニンニクは全て、特殊な熱処理で芽が出にくくなったニンニクになっています。



発芽抑制の熱処理は費用と手間暇と時間がかかりますので、そのぶん、ニンニクの値段は高くなります。

熱処理をしていない格安の国産ニンニクは、あっという間にニンニクが発芽してしまいますが、熱処理された国産ニンニクはそれと比べると、芽が出にくくなっています。

農薬なしでの発芽抑制加工には、手間暇コストを要しますので、中国産ニンニクの格安具合を見ると、発芽抑制剤が使われている可能性が高いのではないかと思います。(~_~;)


【安】 通販でにんにくを購入してみた 【送料】


日本の熱処理・発芽防止加工と日本では使用禁止になった芽止め剤の資料

ソリューション事例 農業・水産業のソリューション 貯蔵、保存のことならおまかせください|大青工業株式会社

農家のお仕事〜ニンニク調整・出荷編〜+JA施設見学

第 3 号 平成15年11月発行 - 青森県産業技術センター にんにくの周年出荷に向けた低温貯蔵及び乾熱処理との組合せによる萌芽抑制技術


にんにくのオイル漬けにする

  • ニンニクを剥いてオリーブオイルに漬け込む
  • 冷蔵庫に保管しなくても良い
  • 長期保管すると、ニンニクの生っぽさがなくなる
  • ニンニクの香りの移ったオイルは料理に使える

ニンニクの皮を綺麗に剥き、にんにくのオリーブオイル漬けを作ってしまいます。
冷蔵庫に保管しなくても長期間保存可能です。

ただし、しばらくするとオイルがニンニクに浸透してしまい、ニンニクの生っぽさは失われます。

ニンニクの香りもオイルに移ってしまうため、ニンニク本体の香りも減少します。

ニンニクにオイルが染み込んでしまうと、ニンニクを少量の油で香ばしく揚げるガーリックフライやガーリックオイルは作れませんし、ニンニク本体をペペロンチーノなどの料理には使いにくいです。

でも、ニンニクを漬けていたオイルには、ニンニクの良い香りが移りますので、これを使ってニンニク風味の料理を使うことができます。
(ニンニクの漬け込み油で鶏肉や豚肉を焼いたり、パスタを炒めたり、炒飯に使うなど)


にんにく醤油にする

  • 中華料理の必須アイテム
  • ニンニクを直に使うよりも上品な香り
  • にんにくの皮を剥いて、濃口醤油に漬け込む
  • 使用したニンニク本体は固くなるので、料理には使えない

ニンニク醤油は、中華料理には非常に重宝します。
普通にニンニクを入れるよりも、遥かに上品で良い香りがします。

作り方も簡単。

ニンニクの皮を剥き、濃口醤油に漬け込むだけです。
醤油は熱で劣化しますので、にんにく醤油の保管は冷蔵庫で行います。

量が少なくなれば、醤油を継ぎ足しすればにんにく醤油を増やせます。

ただし、にんにく醤油に使ったニンニク本体固くガシガシになるため、料理には使えません。

無理にでも使うとしたら、擦り下ろして唐揚げに使うくらいのものです。
(擦り下ろしてもガシガシの繊維は残るため、唐揚げしか使えないです。(´・_・`))


にんにくオイル・揚げニンニクにする

  • ニンニクをスライスして、大量のオイルで揚げる
  • オイルはニンニクオイルになる
  • ニンニク本体は揚げニンニクになる
  • 様々な料理に使えて便利
  • 香りが抜ける前に使い切ってしまう

ニンニクをスライスして、オリーブオイルで揚げます。
ニンニクを香ばしく加工して処理できます。
オイルは、香ばしいニンニクの香りのオイルになります。

ニンニクは香ばしい揚げニンニクになります。
パスタ料理、ラーメンのトッピング、ピザのトッピングなど、様々な料理に使えて便利です。

時間とともに香りが抜けてしまうので、香りが抜ける前に使ってしまいます。


おすすめ! 簡単な丸ごとにんにく料理

ニンニクをアルミホイルで包み、オーブンで焼くと『 ニンニクの丸焼き 』ができます。

ニンニクは皮の付いたままでOKです。
食べる時に、皮を剥いて食べます。

ニンニクの甘みと、旨味と、上品な香りと、ホクホク感が楽しめます。

生ニンニクとは違い、刺激がないので胃腸に優しいです。
(生ニンニクは胃腸を荒らしてしまうため、胃が荒れて胃痛が起きやすいです)

ニンニクの香りも生ニンニクとは違い非常に上品で、食後のニンニクの嫌な臭いも残りにくいです。


次ページ

やる気喪失! 大量のやらねばならない事に押し潰されてしまった時の対処法

前ページ

【ビニール袋】 すり鉢なしでゴマを擂る 【乳鉢】


スポンサーリンク