【問題解決】 温まらない・温まりすぎの電子レンジ

電子レンジ温まりすぎたり、温まりにくかったりするには理由があります。

その理由を調べ、しっかりと改善することで、電子レンジ調理や温めや解凍が上手で楽にできるようになります。



温まらない


温まりすぎ・焼けてしまう


温まらない理由

重量が足りない

お皿込みの設定になっている場合、お皿なしでレンジでレンチンすると、解凍や温めが不十分になります。

例えば、冷凍ご飯の解凍&温めの場合、『 冷凍ご飯 + お茶碗 』で解凍&温めするようになっている場合、お茶碗なしでプラスチック製のタッパーに入れてレンジでチンすると、解凍や温めが不十分になります。

この場合、お茶碗やお皿に乗せた状態で解凍&温めをすると解決します。



ご飯の解凍と温めがうまくできない
いっつも冷たいポロポロご飯になるから、再度温め直し
このレンジ壊れんのかな?


お茶碗に乗せて解凍してみ?


おー
温かいご飯になった!


戻る


ワット数(W数)が低すぎる

通常、電子レンジはワット数が大きければ大きいほど、早く強力に温めや解凍することができます。

ですので、ワット数が少なすぎると解凍や温めがなかなかできません。
この場合は、ワット数を引き上げてやると温めることができます。


戻る

時間が足りない

電子レンジにかける時間が足りないと、温めや解凍が不十分になります。
この場合、電子レンジにかける時間を増やします。

インターネットやレシピ本の載っているのと同じ設定をしても、電子レンジによって、食材の温まり方や温まる速度が違うため、自身が使用する電子レンジでは、温まり方が不十分なことがあります。

この場合には、レンジにかける時間を少し増やして対応します。



戻る


電子レンジの製造メーカーのコース設定の問題

電子レンジの取扱説明書通りに電子レンジのコース設定をして、取扱説明書の通りに電子レンジを使っても、上手く火が通らなかったり、解凍できなかったりします。

この場合は、電子レンジの製造メーカーのコース設定の問題になります。

ちなみに、解凍の場合は、肉や魚の鮮度を落とさないようにしたり、加熱されてしまうことを防ぐため、わざと完全に解凍しない場合が多いので、解凍する時間には余裕を持っておいたほうが良いです。



中まで完全に解凍すると『 端の部分 』は火が通ってしまう
→ 刺し身解凍の場合は致命的


お肉がさっくり切れる程度の解凍になっている
→ 完全な生肉は切る時に潰れやすいが、まだ少し凍っている生肉は切りやすい


戻る


コース選択の間違い

コース選択を間違っていると、暖まりにくいです。
例えば、根菜に火を通すために電子レンジを使う場合、解凍モードで電子レンジを使っても火を通すことは難しいです。

現在販売されている電子レンジは選択できるコースが多いため、コース選択を間違えないように気をつける必要があります。


 


戻る


故障している

滅多にないことだが、極稀に故障していて温まらないことがあります。

使用説明書通りにやってるのに、いつも加熱や解凍ができない場合には、一度、メーカーのカスタマーセンターに相談してみると良いです。

もし、カスタマーセンターの方で、点検修理をした方が良いと返答されたら、販売店に電子レンジを持ち込んで修理してもらいます。

保証期間内であればメーカー保証が受けられますので、無償で修理することができます。


戻る


温まりすぎ・焼けてしまう

重量が重すぎる

お皿なしで解凍する設定になっている場合、お皿付きでレンチンすると、解凍や温めしすぎて火が通ってしまったり、火が通り過ぎて固くなってしまいます。

例えば、冷凍肉の解凍の場合、ラップやビニール袋の上でレンジを使うような設定になっているのに、お皿の上に冷凍肉を乗せてレンジで解凍してしまうと、冷凍肉が温まってしまうことがあるのです。

この場合、お皿を使わずに、ラップやビニール袋の上で解凍すると解決します。



ジャガイモをレンチンして火を通すと、ジャガイモの端がカチカチになる
いっつもこうなんだよね
うまく言った例がない


火が通り過ぎてんでない?
皿使わずにチンしてみ?


おー
カチカチにならずにチンできた


戻る


ワット数(W数)が大きすぎる

ワット数必要以上に大きいと、火が通り過ぎてしまいます。

例えば、温めには500Wもあれば十分なのに、950Wも使って温めをしてしまうと、火が通り過ぎて固くなってしまいます。

この場合は、ワット数(W数)を落として電子レンジを使うと良いです。


戻る


時間が長過ぎる

電子レンジにかける時間が長すぎると、火が通り過ぎてしまったり、解凍なのに火が通ってしまったりします。

この場合、電子レンジにかける時間を増やしてやると良いです。

お刺身やお肉の解凍の場合、まだ凍っていても、包丁がさっくり入る状態であればそれでOKの場合が多いので、お刺身の解凍火の通しすぎには気をつけなければなりません。



中まで完全に解凍すると『 端の部分 』は火が通ってしまう
→ 刺し身解凍の場合は致命的)

お肉がさっくり切れる程度の解凍になっている
→ 完全な生肉は切る時に潰れやすいが、まだ少し凍っている生肉は切りやすい)


あわわ・・・
解凍できてなかったから再度解凍したら、お刺身に火が通っちゃった


あるあるだわー
電子レンジって、解凍はホドホドで、あとは自然解凍で解凍するようにできてんだよね

なので、半ば凍った状態のやつをキッチリ解凍しちゃうと火が通っちゃう


でもそれだと、解凍直後にすぐに食べれないじゃん


そうそう
だから余裕をもって解凍しとかないとダメなんだ
面倒くさいよね


戻る


電子レンジの製造メーカーのコース設定の問題

電子レンジの取扱説明書通りに電子レンジのコース設定をして、取扱説明書の通りに電子レンジを使っても、火が通り過ぎてしまったり、お刺身なのに火が通ってしまったりします。

この場合は、電子レンジの製造メーカーのコース設定の問題なので、コースを変更したり、手動設定(ワット数(W数)や時間設定)で解凍や調理を行います。


戻る


コース選択の間違い

コース選択を間違っていると、温まりすぎてしまいます。
特に、解凍の場合、普通に自動で電子レンジでチンすると火が通ってしまうため、必ず、解凍モードでレンジを使うようにします。

また、現在販売されている電子レンジは選択できるコースが多いため、コース選択を間違えないように気をつける必要があります。


戻る


故障している

滅多にないことですが、極稀に故障していて加熱しすぎることがあります。

使用説明書通りにやってるのに、いつも酷い過熱しすぎになってしまう場合には、一度、メーカーのカスタマーセンターに相談してみると良いです。

もし、カスタマーセンターの方で、点検修理をした方が良いと返答されたら、販売店に電子レンジを持ち込んで修理してもらいましょう。

保証期間内であればメーカー保証が受けられますので、無償で修理することができます。


戻る


次ページ

【2013年〜2016年】 高島屋のお歳暮&お中元の早期買い上げ特典

前ページ

【簡単お手軽】 電子レンジで温泉卵を作る!


スポンサーリンク