【上品】 ゴディバ(Godiva)のチョコレートについて


↑の写真は、ゴディバのチョコレートの写真です。
バレンタインデーの時に、デパートで売られているものを買いました。
(つまり自己買いです)
ゴディバのチョコレートは、程よいコクと甘さと上品な味わいが楽しめるチョコレートでした。

下の3枚のカード状のチョコレートは、カレという商品名のチョコレートです。
このときは、トリュフとカレのセットのチョコレートを買ったんですが、カレのみ単品でも販売されてます。
(ホントはカレが4種類あったんですが、このときは3枚だけ撮影しました)

このカレについてなのですが、カカオの量がそれぞれの色によって異なっています。
黄色いっぽいパッケージのものがミルクチョコレート
やわらかくてまったりとした中に、上品な香りとコクのあるおいしいチョコレートでした。

茶色いパッケージのものは、ビターチョコレート
カカオが50%入ってます。
ビターは少し苦手という方でも楽しめるライトな感覚のビターチョコレートです。

こげ茶色のパッケージのものも、ビターチョコレート
こちらのビターチョコレートは、カカオが72%入ってます。
この辺りになると、ちょっとほろ苦さが強くなります。
でも、香り高く上品なほろ苦さなので、クセになりそうな味わいでした。

黒いパッケージのものは、最もビターなビターチョコレートです。
こちらのビターチョコレートは、カカオが85%入ってます。
チョコレートの甘ったるさが苦手という方でも、このビターチョコレートなら美味しく味わえそうな気がします。また、香りも高く苦さが上品ですし、すっきりした後味が魅力でした。


カレとセットだったトリュフも、とても美味しかったです。
チョコレートの味わいが香り高く上品だったというのもありますが、トリュフの中のチョコレートクリームもとても美味しかったです。

パリッとして上品なチョコレートとマッタリとしたクリーミなチョコとの相性は抜群。
デザインも美しいので、ギフトで送っても喜ばれそうな一品でした。

広告