【深夜の楽しみ】通販番組について語る

深夜といえば大人の時間です。
そんな大人の時間に民放で放映されているのが、通販番組です。

しかも外国製品(欧米)の通販が放映されているのです。
(関西限定かも?)
その通販番組は主に以下の通り。


  • 有酸素運動機器
  • 筋肉トレーニング機器
  • よく落ちる洗剤&掃除道具&ワックス
  • ドライヤーなどの美容機器
  • サングラスなどの雑貨
  • 鍋やフライパン
  • 痩せ薬

さらに、この深夜放送の中でも何度もバージョンを変えて放送されているのが、有酸素運動機器と筋肉トレーニング機器の二つです。

スポンサーリンク

【買おうと思わせる構成】 通販番組の仕組み

通販番組にありがちな構成は、「繰り返し」です。
最初に商品の紹介を行い、その後体験談、さらにCM代わりに「○○な経験ありませんか?○○なら大丈夫!新開発の○○によって、こんな○○にはさようなら!さぁ、今すぐお電話を!」という感じの映像を流します。

さらに、その後専門家が出てきて説明、体験者の声と続き、また
「○○な経験ありませんか?○○なら大丈夫!新開発の○○によって、こんな○○にはさようなら!さぁ、今すぐお電話を!」・・・という感じの映像を流します。

途中のCM代わりの映像を繰り返し見せることで、その内容は知らず知らずのうちに、人々の記憶に刷り込まれます。この刷り込みが大切なのです。
また、このCM代わりの映像は、大変テンポよく作られているので、見ていて苦痛になりません。


【専門家が登場】 通販番組の肝

通販番組で大切なのは、権威です。
ですので、通販番組には必ずと言って良いほどその道のエキスパートが登場します。
これが大切なのです。

筋トレ用の機器ですと、ムキムキのおじ様が開発者(&設計者)として登場して商品を紹介しなければ、説得力に欠けるのです。
また有酸素運動であれば、その道で有名なトレーナーさんが開発者として登場しますので、そのひきしまった体を見て、 「おお!こんなんになりたい!」 と、思ってしまうわけです。

要は説得力です。
それのあるなしで通販番組の説得力が変わってきます。


【通販番組に欠かせない】 スタイル抜群のモデル

通販番組・・・それもダイエットや筋トレに欠かせないのが、スタイル抜群のモデルたちです。
彼らは画面上で非常に楽しそうに笑いながら商品を使用しています。

商品の負荷が強ければ、笑顔どころではなくなりそうですが、もしモデルたちの顔に笑顔が無ければ、通販番組はさぞ不気味になってしまうかと思います。
ですので、通販番組に笑顔で楽しそうに商品を使用しているモデルたちは重要なのです。

しかも、体験者の一般の人が使用している画像と見比べていただけると分かるかと思うのですが、彼らは実に軽快に商品を使用しています。
筋トレの機器であっても、軽快に美しく、尚且つかっこよく使用して見せるのです。

一般人がシコシコと筋トレ機器を使用しているのとは大違いです。
体験者の使用している場面が一瞬なのに対して、モデルたちが商品を使用している場面は実にたくさん出てきます。

この商品はこういったイメージで視聴者側に受け取って欲しいという、製作者側の意図がうかがえるようです。実際に買ってみると、一般の体験者の使用している映像に近いわけですが、使用している最中は、気分はモデルさんです。

非常にスタイルの良いモデルさんたちは、通販番組には欠かせない存在なのです。


【通販番組に欠かせない】 一般の体験者の声

日本の通販番組でも、アメリカの通販番組でも共通していることなのですが、一般の体験者の声(映像)を使用しているケースは、数多く見られます。これがあるのと無いのは大違いです。

特に重要なのが 「昔はこんなに太っていたけど、今はこんなに痩せました!」という写真です。これは一層商品のインパクトを高めます。
また、お腹が出っ張ってポヨーンとしているおじ様が、お腹が引き締まったというのも大切です。
これは世の殿方が最も欲する夢と希望だからです。

ダイエット関係でなくとも、洗剤や掃除道具に困っていて、商品を切り替えたら掃除が楽になっただとか、そういった体験談が多数紹介されていることも見逃せません。


【通販番組に欠かせない】 番外編

通販番組、とりわけ掃除や家事関係、または料理道具などに欠かせないのが、商品を非常に上手く使用する達人です。特に、包丁や洗剤やアイロンやスライサーなどでは、この達人の存在なくしては何も語れません。

この達人がいるからこそ、商品が売れるのです。
しかしながら、横にいる司会者やゲストなどもちょこっとだけ使用する場面があります。
司会者やゲストなどは、その際に発するコメントが大切なのです。

わぁ〜、私でも簡単に出来た〜、○○ってホントにすごいのネ! この台詞は、司会者やゲストにとって非常に大切なコメントですので、使用したら必ず言わなければならないのです。

もし言わなかったとしたら、番組は非常にしらけたものになるでしょう。
電話をとる手も止まります。
別の見方をするならば、買いたいモードがMAX]近くまで高まっている視聴者のハートをいかに捉えるコメントと表情を作り出せるのかが、通販番組の司会者やゲストの腕であるともいえます。

さらに頻繁に拍手を行うエキストラの存在も見逃せません。
彼らの歓声や拍手は、見ている側の気分を著しく向上させます。
深夜であるにも関わらず、深夜を感じさせないにぎやかさです。

放送中に視聴者に電話をとらせる方法としても、この方法は昔から行われていた「古典的な」盛り上げ方法と言って良いでしょう。
この手法は、通販番組のみにあらず、通常の番組にも応用されている手法です。


スポンサーリンク