【やわらか】 走井餅について 【ふんわり】


走井餅と言うのは、岩清水八幡宮(八幡市)の傍にある和菓子屋さん(やわた走井餅老舗)のお餅です。
昭和天皇にも献上された程の名品
です。

スポンサーリンク

走井餅の和菓子屋さんは元は滋賀県の老舗和菓子店だったんですが、1900年台初めに八幡市に移って来んだそうな。
(安藤広重の東海道五十三次にも描かれたほどの名物和菓子でした)



皮は柔らかくふんわりしていて、お餅の中に上品な甘さのあんこが入っています。
できたてはとても柔らかく、ふんわりとして美味しいのですが、できたてでなくとも柔らかさはかなり残りますので、お土産としか買って帰ってお家で食べるのも良いかもです。

走井餅のお店では、走井餅とともにお抹茶を飲めます。
走井餅とお抹茶の相性は良く、二つ一緒に頂くとおいしさが倍増したように感じられました。

走井餅のお店は石清水八幡宮の最寄り駅に当たる京阪・八幡駅の近くにあるお店ですので、初詣や参拝帰りに立ち寄って食べると良いかもです。


スポンサーリンク