【ダイエットの敵】 便秘を考える

便秘は非常につらいものです。
しかし便秘薬の中には、腸の繊毛を傷つけてしまうものもありますので、便秘薬を使用する前に、食事や運動などを見直してできるだけ便秘薬を使用しない方法で、便秘を改善した方が良いように思います。

そこでコチラのページでは、一般的に便秘に良いとされていることについて書いてみたいと思います。


※ 備考
一般的に便秘解消に良いとされていることを一通りやっても効果がない場合は、お医者さんに行かれることをお勧めしたいと思います。(消化器官や内科などがよいかと思いますが、お医者さんの受付の人に聞けば、どの科で受診すればよいのかを、親切に教えてくれるかと思います)

【スッキリさわやか】 便秘解消法を考える

【便秘解消】 豆腐を食べてみよう
マグネシウムは、便をやわらかくするのに良いらしい・・・という記事がチラホラ見られますが、にがりはものすごくまずいですし、「にがりの取りすぎは体にあまり良くないので嫌だ」という方もおられるかと思いますが、そういった場合には、お豆腐を摂られるのが良いかと思います。
美味しくて安いですし、美肌にも良いといわれていますのでお勧めです。


【便秘解消】 水分を摂ってみよう
水分を摂る量が足りないと、便秘になりやすくなるそうです。
ですので、便秘にお困りの方は、一度水分をしっかりと摂れているのかどうかチェックしてみるのもよいかもしれません。


【便秘解消】 浣腸の注意点

先日、浣腸はあまり腸にはよくないというお話を、以前聞きました。
ですので、毎回浣腸に頼っている場合や、頻繁に浣腸をされる場合は一度、専門のお医者さんにご相談になられた方が良いかもしれません。

どうして便秘になっているのかという理由もはっきりしますし、何よりもしっかりと調べてもらうことで、大腸がんなどの怖い病気がないかなどを、お医者さんに頼めば検査してもらえますし、浣腸をし続けるよりかはずっと良いのではないかと思います。


便秘小話

昔、私が足の疾患で入院していたとき、便秘で悩む方が同室に入院されていました。
その方は浣腸では便の排出が出来ず、お医者さんが便を肛門からつまんで排出するということをやられたそうです。


しかもそれがなかなかうまく行かず、「もうちょっと力んで〜!」「ウンコがひっこむ〜」という声が、病室のベッドから聞こえてきたのです。
今では腸内洗浄もあることですから、このようなことはないかと思いますが、昔から便秘って大変だったんです。


【便秘解消】 玄米の食物繊維を摂ってみよう

便秘でお悩みの方は、玄米や押し麦などの食物繊維の豊富なご飯を食べた方が良いかもしれません。(白米は、精米の段階で食物繊維や栄養の詰まった部分を削り落としてしまっているので、便秘で腸に食物繊維を届けたいのであれば、玄米の方が良いかと思います) 


便秘小話

昔から便秘に悩む女性は多かったようで、先日TVを見ていたら(番組名はわすれました)、昔の女性は障子に使われていた和紙をよく茹でて団子状にして食べていたそうです。

日本人は欧米人に比べて腸が長いので、こうでもしないと便の排出がままならなかったのかもしれないな〜と、思いました。
昔から根菜類を多く食べていた日本人。
食物繊維と共に歩んできた日本人には、体にあった食事が必要なようです。


【便秘解消】 心因性の便秘

悩み事や辛いことがあると、便秘になってしまう方がおられるようです。
心因性の便秘の場合、ストレスが緩和されると便秘が解消されるので、ストレスに心当たりがある方は、ストレスを解消してあげると良いかと思います。(仕事がストレスになっている場合は、平日は便秘がちで、休日になると便秘が解消されるケースもあるようです)


関連商品


【便秘解消】 運動で便秘解消

便秘解消したくて、繊維質とか多めに摂っているのになかなか便秘が解消しないかたも多いかと思いますが、そのような場合には、一度ウォーキングや腹筋や腰をひねる運動もされてはいかがでしょう?

運動不足になると、腸の働きが悪くなって便秘になりやすくなります。
繊維質で効果が今ひとつな方、ぜひ一度お試しください。
(無料で出来るので、一度トライしてみるのも良いかも)


スポンサーリンク