【一発で】 切るフェイスリフトについて 【決めよう】

フェイスリフトにはRF(高周波)を当てる方法や、を皮下に埋め込み引っ張り上げる方法や、PRP(多血小板血漿)を注入する方法などがあります。

それらの方法は、同じようにやっても効果がなかったり、余った皮膚はそのままなのに頬がコケてしまったり、たるんだ皮膚や脂肪を無理に引き上げるので丸顔になってしまったりと、不満が残りやすいです。

スポンサーリンク

でも、切るフェイスリフトの場合は、顔面の皮膚をめくって(剥がして)余った皮膚を切り取って縫合することでフェイスリフトしますので、医師の腕が良ければ効果的にフェイスリフトすることができます。


切るフェイスリフト一覧

@ スマスリフト(別名:ロアーリフト)
大規模に顔面の皮膚を剥がして、再び皮膚を貼り直します。
縫合する際、余った皮膚を切り取ります。
ダウンタイム(手術の傷が治る期間)は長く、費用は高めです。

A ミニフェイスリフト
ちょっと顔面の皮を剥がし、顔面の余った皮膚を切り取って縫合する、ダウンタイムの短いスマスリフトよりも軽い手術です。
スマスリフトと比べると費用は安いですが、効果は低いです。

B ミッドリフト
顔中部、鼻唇溝、口角のタルミ、シワ取りなどのための手術です。

C チークリフト
頬上部のたるみ取りです。

D スーフリフト
頬上部の引き上げと下瞼のたるみ取りです。

E ブローリフト
額、目尻のたるみ取りです。


※ 備考
この他、上まぶたの皮膚のたるみ取りのための切開手術もあります。


切るフェイスリフトのメリットとデメリットについて

切るフェイスリフトには、メリットデメリットがあります。
手術前に把握しておくことで、『こんな筈では』と言う事態が発生しにくくなります。


切るフェイスリフトのメリット

1.糸リフトや照射系リフトなどよりも効果が高い
2.1回の手術でもかなり改善できる
3.糸リフトや照射系リフトでは効果薄な強いタルミにも効果がある
4.傷跡は残りにくい
5.フェイスリフト用の糸などの異物が体内に残らない
6.しこり、壊疽など注入系のものに起こりがちな問題が起こりにくい
7.顔が丸くなりにくい
  (糸系のフェイスリフトで弛んだ頬を吊り上げると、顔が丸くなりやすい)
8.糸リフトで使った溶けない糸を取り出せる場合がある
  (フルフェイスリフトの場合)


切るフェイスリフトのデメリット

1.糸系・照射系のフェイスリフト1回分の料金より、1回分の料金が高い
2.医師の技能の高さに出来が左右される
3.術後カッパのような顔になることがある
  (手術の仕方やタルミ具合や脂肪の付き方などによっては)
4.一生のうちに何度でもできる手術ではない
5.部分的なフェイスリフトの場合は効果が限定的
  (頬やこめかみなどの一部だけ切って縫合する手術)
6.フルフェイスリフトの場合は全身麻酔か静脈麻酔
  部分的なフェイスリフトの場合は局所麻酔
7.部分的なフェイスリフトの場合は、効果が限定的
8.フルフェイスリフトの場合は、入院が必要
  部分的なフェイスリフトの場合は、入院は不要
  (フルフェイスルフトでも入院なしの病院もある)
9.ダウンタイムが長い
10.麻酔が切れた後に非常に痛い
11.頬が後方に引っ張られたようになってしまうことがある
12.手術の失敗により、変なシワ・窪みなどができることがある
13.料金・癒着・手術跡が硬くなるなどの理由から、再手術のハードルが高い
14.手術の種類、家から病院までの距離によっては、
  タクシー代・ホテル代などのお金がかかる場合がある
15.フェイスリフト失敗を修正するために再手術をしても、元の顔には戻りにくい
16.仕事を何日も休む必要がある
  (手術跡の痛みや体調によっては、家事も休む必要がある)
17.もみあげ付近の皮膚を除去する場合、もみあげが消失したり減少する
18.美容院でのヘアカットやヘアダイなどの際に美容師に手術がバレる恐れがある
19.耳たぶや耳が下に引っ張られる『リフト耳』になることがある
20.頬・耳・口などに不快感が生じることがある
  (ツッパリ感・動かしにくいなど)
21.頬骨の下が凹んだようになることがある
  (しかも口周りのタルミはとれていないこともある)


切るフェイスリフトをする上での注意点

上記のように、フェイスリフトのメリットと比べてデメリットはとても多いです。
でも、切るフェイスリフトで若く美しく変身される方もおられますので、一概に必ずダメになるというわけでもないというところが、切るフェイスリフトの難しい点かと思います。

切るフェイスリフトは、肉体的にも金銭的にも何度も受けれれる手術では無いですので、もし受けるのなら、かなりタルミがひどくなってから、切るフェイスリフトの手術に精通したお医者さんに手術してもらうのが無難かと思います。


切るフェイスリフトによる修正地獄

切るフェイスリフトで顔に変なシワ凹みなどが出来てしまった場合は、それを修正するか放置するかの判断を迫られます。

シワや窪みなどの修正のために、シワや凹みのある部分にヒアルロン酸自分の脂肪PRP(多血小板血漿)を注入した場合、壊疽したり石灰化したりしこりが出来てしまったりして、修正する前よりも酷いことになってしまったり、修正費用が高額になってしまう可能性もありますので、そのあたりのことも考慮しつつ、切るフェイスリフトを受けたほうが無難かと思います。

ちなみに、壊疽や石灰化した場合は、壊疽 → 壊疽した部分を切除、石灰化 → 石灰化した組織を切除、しこり→しこりを切除となります。
外側からそれらを切除して取り出す場合は、顔に傷が残る可能性があります。



スポンサーリンク