甘くて美味しいのに低カロリーなミツカンのりんご黒酢を飲んでみた

目次


ミツカンのりんご黒酢とは

ミツカンりんご黒酢とは、りんご果汁黒酢入りの清涼飲料水のことです。
あくまでも飲料水であって、お酢ではありません

 

果実から作られるお酢にバルサミコ酢がありますが、ああ言うお酢ではなく、お酢入りの飲み物です。

ミツカンのリンゴ黒酢は、6倍の水を加えて薄めて飲みます
(6倍濃縮されています)

ですので、りんご黒酢の内容量は多くないですが、飲める量は多いです。
1本あたり500mlのりんご黒酢ですので、6倍3Lのりんご黒酢ジュースを飲むことが出来ます。


戻る


ミツカンのりんご黒酢の味と香り

りんご果汁が入っているため、りんごの香りが強いです。
また、黒酢も少し入っているため、僅かながら黒酢の香りがします。

リンゴ果汁は1%にすぎませんが、とにかく甘いりんご香りが強いです。

最初はお酢なんだろうなあと思っていましたが、思っていた以上にリンゴジュースでした。

ただし、やはりお酢が入っているだけあって、お酢のような酸味はあります。

とは言え、6倍に薄めた時のお酢の酸っぱさはマイルドで、お酢の酸で口や喉が痛くなることはありません。


戻る


ミツカンのりんご黒酢のカロリー

ミツカンのりんご黒酢は甘味がありますが、実はローカロリーな飲み物です。

30mlで14kcalしかありません。

30mlは6倍希釈して180mlになりますので、コップ1杯で14kcalしかないことになります。

もし仮に、10杯(1.8L)の6倍希釈したりんご黒酢を飲んでも、140kcalしかない計算になります。

ちなみに、バヤリースのアップルジュースの場合は、100mlで48kcalもあります。
180mlの場合は、86.4kcalになります。

ミツカンのりんご黒酢のカロリーと比較すると、約6倍になります。



戻る


ミツカンのりんご黒酢のメリット

低カロリー

カロリーが低いので、多少多めに飲んでも安心です。
カロリーについては上の『 ミツカンのりんご黒酢のカロリー 』を御覧ください。


黒酢のミネラルを楽に飲める

黒酢臭いがきつく飲みづらいお酢ですが、ミツカンのりんご黒酢はりんごの香りで相殺されており、非常に飲みやすくなっています。


冷蔵庫の場所を取りにくい

6倍濃縮なので、同じ量のジュースと比較すると6分の1の量で済みます。
(6倍濃縮ジュース1Lを6倍に希釈 → 6L




戻る


ミツカンのりんご黒酢の飲み方

普通に薄めて飲む

これが一番手軽です。

冷たくなると甘味が薄く感じられますので、氷水で薄める時は、少し濃い目に希釈した方が良いかもしれません。
(通常は6倍に薄める所を5倍にして薄める)


トコロテンにかけて飲む

味なしのトコロテンを作り、希釈していないりんご黒酢をかけます。
これはめちゃめちゃ美味しかったです。

ただし、市販のトコロテンを買うのが高かったり、自分でトコロテンを作るとめんどくさかったりします。
(めんどくさいとは言っても、粉寒天を作って固めて包丁で切るだけではありますが。(;´∀`))


りんご黒酢のジュース寒天を作る

これも普通に美味しかったです。
濃縮されていますので、普通のジュースのように場所をとらないのが嬉しいです。


寒天ダイエット & 便秘解消する方法(簡単寒天レシピ付き)


かき氷のシロップの代わりとして使う

やったことがないので推測になりますが、多分希釈していない原液を使うのだと思います。
少し酸味のあるリンゴシロップのような感じになると思われます。
(多分美味しい)


牛乳や豆乳に混ぜる

香りがほぼリンゴなので、リンゴに合うものはだいたい合うと思います。

牛乳や豆乳の場合、タンパク質を同時に取れるので更に良いのではないかと思いますが、牛乳にお酢の入ったものを追加して分離してしまわないかどうかが少し心配です。
(牛乳にお酢やレモン汁を入れて乳脂を分離させると、カッテージチーズみたいなのものが出来ます)


戻る


次ページ

まるでスイートポテト♪ 種子島産の安納芋のクチコミ・レビュー

前ページ

4割そばの北海道産の新得蕎麦のクチコミ情報 & 国産そば粉問題について


スポンサーリンク