【お米そっくり】 丸麦について 【だけど大麦】

大麦は、硬くて食べにくい食材です。
そんな大麦を食べやすくしたのが『押し麦』です。

押し麦は、蒸した大麦をローラーでつぶした後乾燥させた食材です。
ですので、押し麦の形は丸くて平べったいです。


この押し麦をお米と一緒に炊くと、丸くてプックリとします。
この丸くてプックリとした押し麦は、お米の形よりも大きいです。
そのようなわけで、お米と一緒に押し麦を食べると、どうしてもゴロゴロ感が目立ってしまいます。



そこで丸麦の出番です。
丸麦は、丸くてぷっくりとした押し麦をお米の形に加工してありますので、押し麦と比較するとゴロゴロ感が少なく、食べやすいのが特徴です。

ビタバレーも押し麦を食べやすく加工した食材ですが、ビタバレーが押し麦を半分に割っただけなのに対し、丸麦の方は本当にお米のような形をしています。



ただし、普通のお米はもっちりとして甘くとろけるような食感であるのに対し、丸麦はゴムっぽい食感で、普通のお米と比べると甘みも柔らかさが劣ります。
(でも、目的はダイエットだったり、消化吸収を緩やかにして血糖値を上げにくくしたり、白米よりも栄養を多く取ることだったりする場合(『食感>目的』)は、多少食感が悪くてもOKかとは思いますが・・・)

値段的には、押し麦とはほとんど変わりません。
炊き方も、普通の押し麦の炊き方と同じ(押し麦を入れて押し麦の量に応じて水を多めに入れてから、普通にご飯を炊く)でOKです。


スポンサーリンク