【美容整形】 フェイスリフトのための食生活について 【する前に】

基本的に何を食べても良いのですが、以下のような食事には注意が必要です。


1.食物繊維の少なすぎる食事
便秘健康ダイエットにもよくないですが、お肌にも悪いです。

スポンサーリンク

下剤便秘薬で便を強制的に体外に輩出してしまう方法もありますが、下剤や便秘薬を使用すると腸を痛めてしまったり、下剤や便秘薬の使用をやめた後、さらに便秘の症状が悪化してしまうこともありますので、できるだけ食べ物などから食物繊維を摂って、便秘解消した方が無難かと思います。


関連ページ

ダイエット食材・押し麦

便秘解消ダイエット


2.タンパク質はしっかり摂る
タンパク質はしっかりと摂った方が良いです。
でも、太ってしまうとフェイスラインの上のお肉(頬の肉)が重力の力で下方に引っ張られて下にたるみやすくなりますので、体脂肪は少ない方が良いです。
良質な植物性タンパク質を摂れるお豆腐大豆食品は、健康なお肌に必要な栄養素が豊富で、カロリーも少なめ良いです。


3.ビタミン・ミネラル類もしっかりと摂る
ビタミンミネラル類不足すると、タンパク質やコラーゲンを摂取していても、お肌が荒れやすいです。また、ミネラルの中には不足するとむくみやすくなるものもありますので、食事などでビタミン・ミネラル類をしっかりと摂るようにすると良いです。
(どうしてもビタミン・ミネラルの豊富な食事を摂るのが難しい場合は、マルチビタミン・ミネラルのサプリメントで代用するのも一つの方法です)


4.脂質・糖質を取り過ぎないように気をつける
脂質糖質過剰に摂り過ぎると、肥満になりやすくなります。
また、それを消費したり代謝したりするのに、普通よりも多い消化酵素やビタミンなどが必要になり、お肌に回る栄養分が削られてしまう可能性がありますので、脂質や糖質の摂り過ぎには注意が必要です。


5.塩分を摂り過ぎないように気をつける
塩分を取り過ぎるとむくみやすくなります。
むくむと皮膚が伸ばされてしまいますので、むくみがとれた時に皮膚がたるみやすくなります。
ジャンクフードを食べると、思った以上に塩分を摂ってしまっていることがありますので、ジャンクフードを食べる時は注意が必要です)


6.急なダイエットに気をつける(食事制限)
大幅なダイエットに成功してしまうと、顔の皮膚がたるんでしまい、元に戻りにくくなりますので、急なダイエットには注意が必要です。
あと、摂取する栄養素に気を付けずに食事制限をしてしまうと、新陳代謝が悪くなったり、お肌の水分や弾力性が低下してシワやタルミを生じやすくなったりします。


栄養バランスのとれた食事を毎回作るのは大変です。
また、一人暮らしで家族もいないのにバランスのとれた栄養価の高い食事を作ると、光熱費的にも時間的にも問題がある場合は、レトルト食品お惣菜(お弁当)でも良いかと思います。

ちなみに、糖尿病用のレトルト食品(おかずセット)を利用した場合、お金はかかりますが、カロリー塩分控え目で、腎臓にも負担がかかりにくいお料理を食べることができます。



スポンサーリンク