【自力】 美容整形せずにフェイスリフトする方法 【エステ】

美容整形によるフェイスリフトには、失敗のリスクや修正地獄の恐怖がつきものです。
そこで、美容整形せずにフェイスリフトする方法について考えてみました。


顔の皮膚の奥の組織が正常で健康になるようにする

1.食生活の改善

  • お肌や健康によいものを太り過ぎない程度に食べる

2.生活習慣の改善

  • 睡眠をしっかりとる
  • 寝不足解消
  • 疲労がたまらないようにする
  • うつむき姿勢を続けない
  • 顔筋が上がるようなキリッとした表情をする
  • よく噛む
    (普段から顔筋をよく使うようにすると、顔筋から来るたるみが起きにくくなる)
  • 頬杖をつかない
    (片側の頬にばかり負荷がかかると、顔がゆがんだり片側だけたるみやすい)
  • 喫煙をやめる
    (喫煙すると、体や皮膚に栄養や酸素を与えるための血行が悪くなるため)

3.悪い部分を治す

  • ストレス解消
    (ストレスが溜まると老化を早めるため)
  • 肩コリや背中のコリの解消
    (僧帽筋にコリがあると顔がたるみやすくなるため、肩こり改善のための体操などで改善できることがある)

顔の皮膚が正常で健康になるようにする

  • 代謝UPする食品を食べる
    (ヨウ素の入った昆布やわかめなどの海藻類やお茶など)
  • 美肌用のサプリメントを飲む
    (コラーゲン・プラセンタ・プロティン・ビタミン・ミネラル剤など)
  • 熱くないお湯で半身浴をする
    (熱いお湯だと心臓などに負担がかかりやすくなる上に、体の皮膚にダメージが出やすくなるため。血行が良くない状態が続くと、お肌に栄養や酸素がが慣れにくくなり老化が早まるため)

積極的に顔の皮膚にやってみる

  • フェイスマッサージする
    (やりすぎると皮膚がたるむ原因になる)
  • 化粧品をリフトアップ用のものにする
    (リフトアップ用でなくともリフトアップするものもある)
  • 顔筋トレーニングする
    (顔筋の衰えからくるタルミには効果的)
  • エステで施術する
    (費用が高額になる・効果には個人差あり)
  • フェイスリフト用のアイテムを使用する
    (顔筋を鍛えるもの、サポーターなど)

顔のタルミをこれ以上悪化させないように気をつける

眠り方(横向け寝)を仰向け寝にする
(横向け寝は鼻や口の周りがタルミやすくなるため)

むくみを解消する
(むくみが何度も起きると、むくみやすい部分がたるみやすくなるため)

肥満を解消する
(顔の下半分には脂肪がつきやすく、たるみが悪化しやすくなるため)

UVケアする
(日光に当たるとお肌がダメージを受けて老化しやすくなるため)

上下動のある運動を止める
(上下動の多い運動は、顔や体をたるませる原因になるため)

軽い運動に変える
(強い運動を行うと体が酸化してダメージが加わりやすくなるため)

適度な運動をする
(運動が少なすぎると血行悪化や肥満の原因になるため)

スポンサーリンク

美容整形をせずにフェイスリフトする方法には、多額のお金のかかるものと、全くお金のかからないものと、かかってもそんなではないもの3種類があります。かけられるコストや自分に向いているもの、できそうなものを中心に、無理なく長期間続けることが大切です。

特に、食生活や生活習慣の改善で、顔の皮膚や皮膚の奥の組織が正常で健康であるようにするのは、比較的お金がかからない上に、最も基本的で大切なことなので、率先してまず第一にやった方がよいかと思います。

お金のかかるフェイスリフト方には、エステや高額化粧品などがありますが、これらはかなりの費用がかかりますので、お金にかなりの余裕がないと継続が難しいのが難点です。

エステには、美容外科と似たような照射系の美肌&フェイスリフト用の機器が使用されることがありますが、効果がしっかり出るほどの出力のものはエステでは使用できませんので、エステで使用する場合は『それなりの効果』ということになります。

エステを受ける際にも、食生活や生活習慣の改善で顔の皮膚や皮膚の奥の組織が健康になるようにしますと、フェイスリフトの効果が高まりやすくなります。
気前よく色々とアドバイスしてくれるエステティシャンに担当してもらうことになったら、一度、お肌に良い食事について尋ねてみるのもありかもです。



スポンサーリンク