【おなかスッキリ】便秘解消ダイエット

便秘をしていると、おなかは張ったような感じになって、下腹はポッコリ。
しかもお肌の艶も何だか良くない。
そこでこのページでは、美容と健康とダイエットの大敵「便秘」について語りたいと思います。


便秘の起こる仕組み

排便は腸の「蠕動運動」によって起こります。
つまり、腸が伸び縮み運動をすることによって便が押し出されるのです。

この腸の蠕動運動に深く関わっているのが「善玉菌」です。
ヨーグルトに入っているビフィズス菌などでお馴染みですね。

この善玉菌がたくさん腸に住み着いていると、腸の蠕動運度をうながしてくれるので、便秘になりにくいというわけです。
その一方で、腸に「悪玉菌」がたくさんいるようですと、腸の表面に生えている繊毛が小さくなり便秘になってしまいます。

つまり、便秘になるかどうかは「善玉菌」が腸に住んでいるか、「悪玉菌」が腸に住んでるかにかかっているのです。


便秘解消約を安易に飲み続けていると・・・

便秘解消薬は非常に便利な薬です。
便秘の際にでも、強制的に便を排出してくれるのです。

ところが、便秘解消薬を飲むと腸の繊毛を傷つけてしまうので、ますます腸の蠕動運動が起こりにくくなってしまうので、長期間の連用は避けた方が良いです。

また、腸の繊毛は一度無くなってしまうと再生しないので、便秘解消薬を使用して腸にダメージを絶え続けることは、さらに注意が必要です。


悪玉菌増殖の恐怖

悪玉菌は、↑に書いたように便秘の大敵です。
しかしそれ以上に、大腸ガンを引き起こすリスクが高くなるのが問題です。

さらに、病気にも感染しやすくなってしまうのも問題です。
ヤクルトと乳酸飲料を開発した医学博士は、腸の中にビフィズス菌などの善玉菌がたくさんいると「赤痢などの腸の病原菌を抑えられる」ことに着目し、現在ではすっかりお馴染みの「ヤクルト」を開発したのです。

では、悪玉菌はどうして腸に増えすぎてしまうのでしょうか?

それは、肉食などを中心にした食生活を送っており、食物繊維などの摂取が少なすぎたり、偏った食生活を送っているからです。
ですので、便秘を解消するにはまずこの点について改善しなければなりません。


【目指せ!便秘解消】 善玉菌増殖大作戦 PART1

食物繊維は、腸に到達すると善玉菌のご馳走になりますので、その食物繊維の量が少ないと善玉菌が食べるものが無くなり、善玉菌が生きていけなくなります。

また、善玉菌がいなくなると悪玉菌の数が増殖してしまい、便秘がさらに進行してしまいますので、
毎日の食事にきちんと食物繊維をとり入れるようにしなければならないのです。

そのそも、昔の日本人は肉食をせず、食物繊維の豊富な雑穀やイモ類などを多く食していたため、欧米人に比べて腸は長めです。
ですので、食物繊維の少なめの欧米人風の食事を取り続けていると、自然に便秘になりやすくなってしまうのです。


ところで、完全な肉食のオオカミはというと、人間などよりもはるかに腸は短いです。
これも食物繊維を摂らない生活を送るための自然の淘汰です。
(肉食なのに腸が長ければ自然と便秘してしまいますから、当然と言えば当然です)

牛などは食物繊維を主食にしていますので、腸を長くして食物繊維を分解しています。
(正確に言うと、牛やウマの腸に住み着いている腸内細菌が、食物繊維を分解してたんぱく質を作り出しているのですが・・・)

とにかく、日々の食事の中に食物繊維を取り入れることが第一です。
ですので、毎日コンスタントに無理なく食べれるものであることが大切です。

そうでないと、いつもながらの三日坊主になってしまいます。
大麦(押し麦)でしたら、毎日のご飯に混ぜて炊くだけですので非常に簡単ですし、お昼のお弁当に押し麦(大麦)入りのご飯を持って行って食べるだけでも、食物繊維の摂取量が全然変わってきます。

「無理なく毎日食物繊維を摂取する」これが便秘解消の第一歩です。


【目指せ!便秘解消】 善玉菌増殖大作戦 PART2

トルコ共和国の人々は、非常にたくさんのヨーグルトを食べるそうです。
トルコの人々はデザートとしてヨーグルトを摂取しているだけではありません。

なんと、おかずなどにもヨーグルトをかけて食べるのです。
その為、ヨーグルトの買い方も半端ではありません。

バケツくらいの大きさのカップに入ったヨーグルトを買うのです。
当然、お店でもバケツヨーグルトが大量に並んでいるのです。

トルコの人の大腸がんの発生率は日本人のそれと比べると非常に低く、便秘の人も少ないそうです。
やはり、食生活の違いが大きいようです。

日本でも便秘にお悩みの方が、にわかにヨーグルトを摂取されるケースがあるようですが、それよりもやはり、毎日の食生活でコンスタントにヨーグルトを摂取する方が望ましいと思います。


【目指せ!便秘解消】 ひねり運動で蠕動運動

食べ物だけでは、今ひとつ便通が改善しない場合、もしかして運動不足が関係しているかもしれません。こういった場合には、腰をひねる運動を加えてあげることで、腸の蠕動運動を促進させてあげやすくできます。

まるで歯磨き粉のチューブをひねるような印象ですが、日々簡単に出来る動作ですので、ぜひ一度お試しくださいネ!


スポンサーリンク


[an error occurred while processing this directive]