【牽引性】 エクステで脱毛? 【脱毛】

ナオミ・キャンベルさんと言うスーパーモデルをご存知でしょうか?
彼女は、元々はカーリーヘアだったのですが、直毛のエクステ(エクステンション)を付け続けていることによって毛が薄くなってしまったそうです。

エクステと言うのは、自毛に人毛や人工毛を取り付けて人為的に長い髪を作るものです。
このエクステ、時々やる程度なら良いのですが、毎日長時間やっていたりすると、毛根が痛み、牽引性脱毛症の原因になります。

牽引性脱毛症とは、髪の毛を引っ張る力に毛根が耐えられなくなって脱毛してしまうこととです。軽度であればまた毛が生えてくるのですが、重度であれば一生生えてきません。

この牽引性脱毛症が発生して毛が抜け始めてしまうと毛の本数が少なくなりますが、毛の本数が少なくなっているにも関わらず、さらにエクステを使い続けていると、一本一本の髪の毛にかかる牽引する力がさらに強くなり、余計悪化しやすいです。

そのようなわけで、エクステをする際は、自毛の量やエクステの使用期間などをよく考えた上で使用し、毛が薄くなり始めたらエクステをやめて毛根を休ませてあげた方が無難であるかと思います。



ちなみに、私はエクステをしていないから関係ないと思われる方もおられるかとは思いますが、エクステせずとも髪をアップスタイルにしてヘアゴムなどを使って髪をぴっちりと括っている場合も、牽引性脱毛しやすいです。

あと、長い前髪手でかきあげる仕草をしていると、手で前髪をかきあげた部分にだけ集中して圧力がかかりやすいですので、牽引性脱毛し易いです。

また、分け目を同じ場所にして、毎日櫛やブラシでその部分が露出するようにブラッシングしていたりしますと、やはり牽引性脱毛し易いようです。
そこで、どんなヘアスタイルが牽引性脱毛しにくいか考えますと、以下のような感じになります。


@ エクステは使用しない
A ヘアゴムなどで髪を括らない
B 髪の分け目は固定しない
C 髪をかき上げる必要がある程、長い髪の毛にしない


これらの消去法を元に牽引性脱毛しにくいヘアスタイルを考えますと、前髪の短めのヘアスタイルで尚且つ、髪は括らないヘアスタイルと言うことになってしまいました。
(要するに、ミセスヘア最強伝説と。。。)


スポンサーリンク