【大きさ】 耳栓で耳が痛くなる時の対処法 【硬さ】


私はが非常に気になる性質なので、集中したい時には、 耳栓 で耳を塞ぐようにしています。こうすると、耳から入ってくる情報を大幅に減らせるからです。
ところで、結構多い耳栓のお悩みは何だかご存知ですか?
それは、耳栓で耳が痛くなる悩みです。

耳の穴の大きさは人それぞれですので、耳の小さな方お子さんは、普通の大人サイズの耳栓をつけてしまうと、耳が痛くなってしまうのです。
また、耳が弱い方は、普通の硬さの耳栓を使うと耳が痛くなってしまうこともあります。


このようなことから、近年では、耳の痛くなりにくい耳栓が販売されるようになりました。
それが、耳の穴の小さな方や子供用の耳栓と、ソフトタイプの耳栓です。

・ 耳の穴の小さな方や子供用の耳栓 (一回り小さな耳栓)
・ ソフトタイプの耳栓 (普通のタイプよりも柔らかい耳栓)


関連商品

耳栓


この二種類の耳栓の存在を知らない時には、私は、使う前の耳栓を削って、小さくしてから使ったりしていました。

!? ( ゚д゚ )

でも、この2種類の耳栓の存在を知ってからは、耳栓を削って使うのは止め、ソフトタイプや子供用の耳栓を使うようにしました。



ところで、取り扱い説明書には耳栓の使い方が載っていますが、私はあの通りに耳栓を使うと耳が痛くなってしまいますので、いつもは、耳の穴の先っぽの方だけ耳栓を入れるようにしています。

でもこの場合、耳栓が劣化してしまっていると耳栓が耳の形にフィットせず、すぐに耳栓が耳からポロッっと落ちてしまいます。
それもそのはず、耳栓は劣化してしまうと縮ませた後の膨らみが悪くなってしまうからです。


関連商品

耳栓



ですので、このような耳の穴の先っぽにだけ耳栓を入れる場合は、劣化していない新鮮な耳栓を使う事が大切かと思います。

※ 耳栓の使用期限内にご使用中の耳栓を新しいものと交換すると、劣化していない新鮮な耳栓を使い続けることができます。


スポンサーリンク