【まぶた】眼瞼下垂症の治療について【保険】

まぶたとは、眼球(目玉)乾燥ゴミからまもるための身体の器官の一つです。
まぶたが正常で健康な状態にあると、目が乾燥に強くなり、目にゴミが入りにくくなります。

この他、まぶたには明るさ調整の機能(明るい場所では目を細める)や、『まばたき』により目玉や角膜に行き渡らせる機能などもあります。
(ドライアイの防止)

スポンサーリンク

このように、まぶたは非常に重要な器官の一つですので、まぶたに異常があると、日常生活に問題が発生してしまう可能性があります。

このまぶたの異常で有名なのが眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)と呼ばれる病気です。
眼瞼下垂症とは、まぶたが開きにくくなる病気です。

まぶたが開きにくくなってしまうので、視野が狭くなったり、眉毛やおでこの筋肉を無理やりに使ってまぶたを引き上げようとするので、肩こりや頭痛が起こりやすくなります。


眼瞼下垂症について

先天性眼瞼下垂

まぶたの筋肉(上眼瞼挙筋)や、まぶたの神経が未発達のまま生まれてくることが原因で起こります。
大半が片側のみに起こります。


後天性眼瞼下垂

腱膜(まぶたの筋肉(上眼瞼挙筋)の膜)が伸びることが原因で、まぶたが開きにくくなります。
コンタクトレンズの使用や、加齢や、目の手術などで起こります。


眼瞼下垂症の症状

  • まぶたが開きにくいので視野が狭い
  • 眉毛やおでこの筋肉に力を入れてまぶたを開こうとするため、非常に疲れやすくなる
  • 頭痛や肩こりや吐き気などを起しやすくなる
  • 鬱っぽくなる

眼瞼下垂症の治療について

先天性・後天性の眼瞼下垂症は、健康保険での治療が可能です。
ただし、健康保険は、『このような患者さんに対して、このような手術を行う場合のみ治療可能』となっていますので、保険適用される手術は限定されます。

例えば、埋没法の手術は手術用の糸で瞼の裏側を縫い付けて留めることで二重まぶたにしますので、傷跡が皮膚の表面に残らないですが、この埋没法の二重まぶたの手術は保険適用されません。

また、自分から先天性・後天性の眼瞼下垂症なので保険適用で二重まぶたにして欲しいとお医者様にお願いしても、担当したお医者様から治療不要とか、眼瞼下垂症ではないとの診断が下されると、保険適用での眼瞼下垂症の手術はできません。

眼瞼下垂症の治療のために保険適用の手術が必要かどうかは、担当したお医者様が判断されることですので、お医者様によって判断が異なることもあります。

眼瞼下垂症の治療に保険適用されるケース

  • 医師が治療が必要と診断
  • 切開法で手術(埋没法は不可)

偽眼瞼下垂症について

このように、まぶた筋肉や神経や腱膜の異常で眼瞼下垂症は起こるわけですが、これらの原因以外にも、まぶたの皮がダルダルに弛む(眼瞼皮膚弛緩症)ことでも、眼瞼下垂のような視野が狭くなる症状は起こります。

マッサージのしすぎや加齢などでまぶたの皮が瞳孔にかぶさり、一生懸命目を開いても、まぶたの皮膚で瞳孔が隠れた部分の視野(上側)が欠けてしまいます。

偽眼瞼下垂症の治療について

偽眼瞼下垂症になった場合、上記の眼瞼下垂症の時と同様に、上部の視野が欠けてしまいますので、日常生活に支障を来したり、頭痛や肩こりが発生する場合があります。

ですので、ある程度以上の偽眼瞼下垂症(眼瞼皮膚弛緩症)の治療には、健康保険を適用をするお医者様や病院が大半です。

ただし、『まぶたが瞳孔にかぶる場合』や、『まぶたが半分以上瞳孔にかぶる場合』など、どの程度を保険適用にするのかはお医者様の判断によるようですので、事前に偽眼瞼下垂症(眼瞼皮膚弛緩症)で保険適用されるかどうかを病院のホームページや電話などで確認して、保険適用してもらえるかを確認すると良いように思います。

ちなみに、上記の眼瞼下垂症の治療と同じく、埋没法の二重まぶたの手術は保険適用されませんので、まぶたに手術跡が残ることになります。

埋没法などでの手術を希望する場合や、まぶたに手術跡が残ってほしくない場合には、十数万〜数十万円かかりますが、自費診療での治療が良いように思います。


偽眼瞼下垂症の治療に保険適用されるケース

  • 医師が治療が必要と診断
    (どの程度で保険適用か、保険適用するかどうかは医師次第)
  • 切開法で手術
    (埋没法は不可)

眼瞼下垂症・偽眼瞼下垂症の手術のリスク

眼瞼下垂症や偽眼瞼下垂症が重度になると、日常生活が不自由になり、頭痛や肩こりや鬱で苦しむことになりますので、多少の目の左右差二重のラインのガタガタさは微々たるものかもしれませんが、やはり、毎日見る自分の顔ですので、左右差や二重のラインがガタガタになっているのを見るのは辛いものがあります。

ですので、眼瞼下垂症・偽眼瞼下垂症の手術のリスクを減らすためにも、できるだけ手術の上手なお医者様に手術してもらうのが良いように思います。
また、眼瞼下垂症には理由がいくつもありますので、眼の構造に詳しいお医者様の方が良いと思います。

この他、神経の麻痺などによって眼瞼下垂の症状が出ている可能性もありますので、高血圧や脳梗塞や循環器系や内臓の疾患などの既往症をお持ちの方は、病院やお医者様を選ぶ際には十分に気をつけ、事前にかかりつけのお医者様にもご相談された方が無難かと思います。


起こる可能性のある眼瞼下垂症・偽眼瞼下垂症の手術のリスク例

  • 二重のラインがガタガタになる
  • びっくり目になる
    (まぶたが引っ張られすぎる)
  • 目が思った以上に大きくなる
  • ドライアイになる
  • 目に左右差が出る
  • 不自然なまぶたになる
  • まぶたがむくみやすくなる
  • まぶたが腫れやすくなる
  • 傷跡が目立つ
  • 引き攣れが起こる

スポンサーリンク