【髪の量】 自分の髪型とウイッグ(かつら)について 【髪の長さ】


自分の髪型によって、ウイッグ(かつら)装着のし易さや装着後の具合が変わってくることがありますので、そのことについて書いてみようと思います。

1. 毛量が多い場合
自毛がロングヘアで、しかも毛量が多い場合は、ウイッグ(かつら)の大きさが足りなくなる可能性があります。(頭の大きさが小さいため、プラスアルファで丁度になる可能性もあります)


2. 自毛がショートヘアの場合
自毛がショートヘアの場合は、ウイッグ(かつら)の毛量や質感などによっては、ウイッグネットを被って自毛の処理をせずとも、自然に見える可能性があります。
(消しつや色や自毛の毛長さが、ウイッグ(かつら)のそれと違いすぎる場合は、ショートヘアであっても、自毛の処理をした方が無難かもです)


3. 後頭部の丸みと自毛の量について
ウイッグ(かつら)によっては、髪をウイッグネットでまとめて後頭部で固定する事によって初めて、後頭部が丸くなるものもありますので(絶壁の後頭部が丸い後頭部になる)、髪の毛量が足りなくて後頭部の丸みが出ない場合は、後頭部に少量の詰め物を入れて、ボリュームUPさせる方もおられるようです。



4. ウイッグの毛色と自毛の色
自毛の襟足部分モミアゲ部分ウイッグネットに入れずに、ウイッグ(かつら)の毛先と混ぜ合わせるような形でウイッグ(かつら)を装着する場合は、ウイッグ(かつら)の毛色を自分の毛色と合わせると、より自然に見え易くなるかと思います。
(自毛が黒なのに、ウイッグ(かつら)がライトブラウンとかだったりすると、自毛が浮いて見える可能性もあります)


5. 髪型と装着の楽さ
これは一概には言えないかと思います。
個人的には、髪型ではなく、自毛の毛質と毛量が大きく関係しているのかなとか思ったりしています。

毛質 = 価値とまとめにくく、ウイッグ(かつら)やウイッグネットから飛び出し易い
毛量 = あまりにも多いと、まとめにくく膨らみ易い

ショートヘアにしても、毛質が硬くて太いと毛先の飛び出しの原因になりますし、ショートヘアでも毛量が多いとウイッグネットでキッチリ束ねても膨らみ易くなります。

広告