色素沈着を改善する

色素沈着は、メラニン色素が大量に生成されると起こるものです。
一般的には日光でのシミ・ソバカス。

これ以外にも、Vラインの色素沈着のようなものもあります。
(ショーツのふちの部分などにできるヤツ)
これは、下着が擦れることで炎症を起したり、脱毛の自己処理を続けて炎症を起したりしてしまったことで、その部分が色素沈着で黒ずむというもの。

スポンサーリンク

この色素沈着を改善するには、以下のような方法があります。


1、脱毛の自己処理を止めてレーザー脱毛などで自己処理しなくても済むようにする。
2、下着をボーイショーツに変える。
3、下着のサイズを最適なサイズに変える。(無理に小さい下着を着けない)
4、ダイエットして、股ズレなどが起こりにくくする。


この他にも、「軟膏」を塗ってメラニン色素を漂白してしまう方法もあるようです。
この軟膏の名前は、「ハイドロキノン軟膏」と言います。

ハイドロキノン軟膏はハイドロキノンの配合されている軟膏です。
このハイドロキノンは使用法や配合量に気をつけなければならない薬剤です。
(配合量や使用法を誤ると、皮がむけすぎたり、白斑が出来てしまったりなどの副作用があるようです)

昔は、配合量や使用法を間違えると白斑が出来てしまうことからハイドロキノン禁止されていたのですが、現在では、化粧品にも配合することが許可されています。

ちなみに、美容整形のお医者さんでもハイドロキノンを処方してもらえるようですので、高濃度のハイドロキノンでお肌の様子を確認しながら色素沈着を改善したい方は、色素沈着を改善する治療を行っている美容整形外科に行かれるとよいかと思います。


スポンサーリンク