美容整形はいつやるか?

美容整形をやると、顔が変わります。
そこで、「美容整形をいつやるか」が問題となってきます。
また、顔に腫れが残る場合は、腫れが引くまでの期間をとっておくことも大切だったりします。

スポンサーリンク

そこで、どのような期間に整形手術を行うと、顔の変化(+腫れ)が目立ちにくいか考えてみたいと思います。


美容整形しても顔の変化がバレにくい時期

1、学校を卒業して、遠方の他校へ入学するまでの期間
2、学校を転向して、遠方の他校へ編入するまでの期間
3、学校を卒業して、会社に入社するまでの期間
4、会社を退職して、転職するまでの期間


これらの共通点は、知人や友人にほとんど遭わなくて済む(人前に出なくて済む引きこもり期間)時期があるということです。

しかしながら、同窓会に出席したり、昔の友人と遊びに行く時や、親戚と顔を合わさねばならない時には、いずれにしても美容整形がバレてしまいますので、最終的には、「私(僕)は、美容整形をしました」というカミングアウト宣言する意気込みが大切なのかもしれません。

ちなみに、私の昔の学生時代の友人も美容整形をしたわけですが、その時、彼女は堂々としていました。「美容整形したんよ〜」みたいな感じです。

彼女は、手術して3日目くらいでみんなの前に現れたため、手術の腫れも引いていなくて仰天しましたが、手術の腫れが引かない状態で「腫れてるな〜」と感じるくらいで丁度よいらしいです。
(腫れが引くと、思った以上に二重の幅が狭くなってしまうらしい)

さらに、当時の仲良しグループだった別の友人も、遥か昔に美容整形をしていました。
何でも、「逆さ睫」を治療するために二重にしたんだそうですが、彼女は全くの「生まれつきの二重」のように見えてしましたので、かなり驚きでした。


スポンサーリンク