美容整形論

美容整形には賛否両論あります。
やるべきではないというのとやって良いというものです。


美容整形賛成派

  • 美容整形すれば、美しくなれる可能性が高くなるから
  • 人生が前向きになる可能性が高くなるから
  • 異性にモテやすくなるから
    (同性愛の方は同姓に)
  • 体の不調が改善される可能性がたかくなるから
    (眼瞼下垂症など)
  • 仕事に有利になる可能性が高くなるから

美容整形否定派

  • 整形は、感情的・生理的に許せない
  • 二度と元に戻せなくなる可能性が高いから
  • 整形手術が失敗する可能性があるから
  • 生まれてくる子供は整形前の自分似の可能性があるから
  • 手術後に手術跡が目立ってしまう可能性があるから
  • 手術前より酷くなる可能性があるから
  • 手術費用が非常に高い
    (自由診療の為)

この二つを比較すると、両者共に「正論の部分」があると思います。

スポンサーリンク

ですので、どちらが正しいということは、現時点では断言できないのが事実だと思います。
そこで、両者の考え方を踏まえながら、整形手術を受けるために必要そうな事柄を挙げてみたいと思います。


整形を受ける前に

  • 整形をしないと、身体的に辛い
    (眼瞼下垂症などが原因で)
  • 現在の精神的苦痛があまりにも大きいので、何が何でも整形手術を受けたい
  • 化粧をするような軽い気持ちで手術を受けるわけではない
  • 自分の夫・彼氏・家族などの合意がある
  • 金銭的に余裕がある

スポンサーリンク