実体験から学んだ 一日一食を成功させるために必要な10の事

一日一食ダイエットを実際にトライしてみた実体験を元に書いた必須事項です。
(1ヶ月程度で3kgのダイエットに成功しました)

一日一食ダイエットは、間違えなく行えば、1〜2ヶ月で数kg痩せられる夢のダイエット法です。



補食は必ず摂る

食べた食事からの糖分は、10〜12時間で使い切ってしまうため、補食を食べず、本当に一日一食しか食べなかったら、確実に低血糖になります。

私の場合、低血糖の症状は、一食を食べる晩御飯前の時間帯に起きることが多かったです。

低血糖の起きやすい時間帯が予めわかっている場合は、その時間帯に補食を摂るようにします。



低血糖は糖新生を招き、筋肉量を低下させてしまうため、低血糖を感じたら補食を摂る必要があります。



戻る


冬場は風邪に気をつける

一日一食ダイエットをすると体が冷えやすいです。

これは、食べることで体が温めることができないことと、カロリー不足による冷えがくるためです。

夏場は比較的涼しく過ごせるので良いのですが、冬場は風邪を引きやすくなりますので、暖かくして過ごします。


戻る


白湯や温かいお茶を飲む

胃に何か入っていると水が飲みやすいのですが、胃に何も入っていないと水が飲みにくくなるため、脱水しやすくなります。

特に、冷たい水やお茶は飲みにくいです。
胃にもよくありません。

ですので、一日一食中の空腹時は、白湯(ぬるま湯)や、温かいお茶などを飲むようにします。



戻る


低血糖が起きている時は炭水化物を食べる

一日一食ダイエットをやっていると、どうしても低血糖が起きてしまうことがあります。

補食では血糖値を補えないし、脂肪を溶かしてエネルギー源にしてもカロリーが足りず、低血糖になってしまうのです。

低血糖の状態は糖新生の原因になりますし、体に非常に悪いので、低血糖が起きたらパンやご飯などの炭水化物の補食を摂ります。


補食を食べた場合

夕食 食べる 血糖値が上昇
朝食 - 血糖値が低下
昼食 補食 血糖値が上昇

補食を食べなかった場合

夕食 食べる 血糖値が上昇
朝食 - 血糖値が低下
昼食 - 血糖値が更に低下
動けなくなり意識が低下する

戻る


歩いたり肉体労働をする場合は、補食を用意しておく

運動したり肉体労働をすると、エネルギーの消費が激しくなります。

エネルギーの消費が激しくなると低血糖が起きやすくなるため、補食を用意しておいたほうが良いです。

特に、運転中は危険なので低血糖状態を放置せず、低血糖が起きそうな前に補食を摂るようにします。


戻る


便秘対策をする

一日一食しか食べなくなるので、食事量が減ります。
そのため、一日一食ダイエットを行うと便秘になりやすくなります。

便秘解消には、押し麦玄米野菜バナナなどの食物繊維多めの果物が向いています。
難消化デキストリンとダブルで摂ると効果的でした)



糖の吸収を穏やかにする難消化性デキストリンの働きとは



実際に自分でもやりましたが、補食に大根の胡麻和えやほうれん草のおひたしなどの和の副菜を食べると、カロリーを抑えつつ、野菜を摂りつつ、食物繊維も摂ることができます。



戻る


胃が悪くなったらストップする

一日一食ダイエットをしていると、胃が空っぽの時間帯が多くなるため、胃酸で胃が荒れやすくなります。

なので、胃粘膜が荒れていたり、ピロリ菌がいて胃潰瘍になりがちの人は、一日一食ダイエットをするまえに、先に病院で治療をした方が良いです。


【胃炎】 ピロリ菌について 【消化不良】

【呼気】 ピロリ菌の検査について 【生検】

【ランサップ】 ピロリ菌の除菌について


もうすでに一日一食ダイエットで胃が悪くなってしまった人は、一日一食ダイエットはストップし、病院で診察を受けて下さい。



戻る


食べ過ぎに注意

一日一食を続けていると、胃が一度に大量の食べ物を受け付けにくくなってしまいます。

だからと言って、無理に大量の食べ物を食べてしまうと、今度は胃痛膨満感が起きやすくなります。



一日一食をしていると、ドカ食いしたところでそれほどカロリーは取れないのでよいのですが、胃が受け付けることができる程度の食べ方をした方が良いです。


戻る


摂取カロリーが少なすぎないようにする

一日一食のメインの食事がざる蕎麦やそうめんなどの場合、一日に必要なカロリーが全然足りていないことがあります。

一日に摂るカロリーが少なすぎると糖新生が起きやすくなるため、メインの食事のカロリーが少なすぎると思ったら、補食でカロリーを補ったほうが良いです。



戻る


栄養はしっかり摂っておく

栄養不足だと、脂肪をエネルギーに変換できないです。

また、栄養失調になってしまう可能性も出てくるため、一日一食の場合、食事の栄養には特に気をつけます。

個人的には、一日一食しか食べられないと、必要な栄養を一食で取りきることが難しくなるため、 マルチミネラル・ビタミンのサプリメント の使用が現実的なのではないかと思います。


戻る


次ページ

まだこれから

前ページ

すごく簡単! カロリーの摂り過ぎを防いで痩せる、一日一食ダイエットの方法と注意点


スポンサーリンク