すごく簡単! カロリーの摂り過ぎを防いで痩せる、一日一食ダイエットの方法と注意点

ダイエットをする上で、一番しんどいのがカロリー制限です。
食べ過ぎはよくないと思いつつ、ついつい沢山食べすぎてしまうのです。

しかも、3食の食事のカロリー計算は面倒くさい
量を測るのは面倒な上に、料理からカロリー計算もしなければいけません。

しかも、食べたいものを食べれなくて非常に不快

ストレスはマッハです。
いつドカ食いが誘発されてもおかしくありません。

ならどうするか?
その助けになるダイエット法があります。

それが『 一日一食ダイエット 』です。


一日一食ダイエットで食事制限の問題を解決する

たったの1食だと、食べきれないほど食べても 1,500kcal 以上摂るのはしんどいです。

なので、普通はドカ食いしても大丈夫。
(でも、それを3回もやってしまうと 4500kcalになり、完全にカロリーオーバーになってしまいます)



しかも、まだ胃が過活動なうちは沢山の量を食べられるのですが、一日一食ダイエットを続けていくうちに、『 そんなに食べなくても大丈夫かな? 』勘違いし、段々量が食べられなくなってくることが多いです。
(食事と食事の間が空きすぎているせいで、胃が大量の食べ物を受け付けにくくなる)



しかも、一日一食 + 補食用のカロリー計算で良いので、カロリー計算が楽です。
補食にカロリー計算しやすいものを利用すると、さらに計算が楽になります。

一日一食だけではありますが、食べたいものを思いっきり食べたいだけ食べれるので満足します。

よく言われているのが、食べたいものを食べたいだけ食べる日を決めておくことです。

例えば、2週間に一度そう言う日を設けておくことで、息抜き日を作り、ストレスがたまりにくいようにします。

一日一食ダイエットの場合は、何と、これを毎日1回できることになります。


一日一食ダイエットの方法

一日一食ダイエットは、このようにして行います。

最初に決めるべきことを決めてしまってから実践すると、後々ゴタゴタしにくくて楽になります。


朝・昼・晩の、どの食事を食べるのかを決める

体を動かす、頭を使う前には、食事をしっかり摂っておいたほうが良いです。
また、晩御飯をお腹いっぱい食べないと、どうしても満足できない人は夜食べます。



補食は何にするか決める

およそ10時間〜12時間程度で、体内の糖分を使い果たします。

その後は、筋肉を削って糖分を補う『 糖新生 』が起きてしまうため、10時間〜12時間程度経過したら、必ず何らかの補食が必要になります。



補食に適した食べ物は、以下のようになります。


補食に適した物

  • ナッツ類
  • 乳製品
    (ヨーグルト・チーズ・牛乳など)
  • 糖分少なめのゼリー・寒天

食べられる補食の量を計算する

補食のカロリーがだいたい100kcal〜300kcalになるよう、補食の量を計算をします。

運動量が多い、頭を使う作業で血糖値が下がりやすい場合には、補食の内容や量を変更します。



一日一食ダイエットを実践して補食を調整する

一日一食ダイエットを実践してみて、血糖値的にキツイ時間帯キツイ日などあれば記録します。

どうしても低血糖になってしまう場合は、低血糖になる時間帯に補食を摂るか、補食の回数や補食内容を調整します。



補食に使う食品

アミノ酸はすみやかにブドウ糖に変わるエネルギー源になるため、アミノ酸の多く含まれている食品が良いです。


ナッツ類

アーモンド・ピーナッツなどのナッツ類を食べる。

量を食べすぎるとカロリーオーバーになってしまうので、その点だけ注意する。
ピーナッツであれば、30個くらいまでなら大丈夫。


牛乳・チーズ・ヨーグルト

牛乳やチーズやヨーグルトなどの乳製品を、食事後10時間〜12時間の間に摂る

乳製品は、ついつい摂りすぎてしまいがちになるため、カロリーに気をつけた量にする。



ジュースゼリーや寒天

寒天の方が食物繊維を多く摂れる。
ゼリーも寒天も、摂取カロリーには注意する。
また、糖分が多いものは控える


食パンやご飯など

血糖値がかなり低くなってしまい、上記の補食では血糖値が上昇しづらい時は、食パンご飯などの補食をとる。

血糖値が低いまま放置してしまうと『 糖新生 』が起きやすくなってしまうため、低血糖を放置しない。


その他のお菓子類

血糖値が下がり、低血糖になってしまったものの、場所や時間的に食パンやご飯は食べづらい。

でも、お菓子程度であれば食べることができる場合は、お菓子を食べる。


果物

果物食べすぎなければ食べることができる。

ただし、お菓子などと違い、パッケージにカロリーが書かれているわけではないため、カロリーは自分で調査しないといけない。


補食のカロリー

通常、補食カロリー制限が必要です。
さもないと、必要以上のカロリーを摂ってしまうことになります。

おにぎりを例にとって説明します。


おにぎりのカロリー

おにぎり1個 200kcal
おにぎり2個 400kcal
おにぎり3個 600kcal

おにぎり1個を一日1回、1個だけ摂るとします。
すると、補食で得られるカロリーは200kcalになります。

おにぎり1個を一日2回、2個だけ摂るとします。
すると、補食で得られるカロリーは400kcalになります。

つまり、一日1,500kcal 食事制限にする場合、一日一食で摂れるメイン食事のカロリー数はこうなります。



おにぎり3個もの補食を摂る場合には、さすがにメインの食事の方も制限が必要になってくきます。

ですので、もし、メインの食事のカロリー制限をしたくないのであれば、補食は一日に1〜2回までにして置いたほうが無難です。


メインの食事の摂取カロリー

一日一食ダイエットは、一日1回の食事制限で一日に摂る総摂取カロリーを減らし、体脂肪を緩やかに減らしていくダイエット法です。

通常、1度の食事で千数百カロリーものカロリーを摂取することはできないので、普通はメインの食事のカロリーはそれほど心配する必要はありません。

でも、食事のカロリーの量と内容によっては、カロリーオーバーになってしまうことがあるので、カロリーがあまりにも高そうだと思われる場合は、注意したほうが良いです。
(食事にカツ丼を食べ、カツ丼を食べた直後にアイスクリームを二個食べるなど)


次ページ

実体験から学んだ 一日一食を成功させるために必要な10の事

前ページ

【軽くて】 Hokuaのテフロン加工のフライパン 【丈夫】


スポンサーリンク