【軽くて】 Hokuaのテフロン加工のフライパン 【丈夫】


以前、 北陸アルミニウムハンディキャストと言うフラパンを購入しました。
このフライパン、実にすごいフライパンです。
何がどうすごいかは以下の通りです。


1.耐久性がすごい

普通の1,000円程度のフライパンは、すぐにテフロン加工がポロポロと剥がれ落ちてしまうのですが、北陸アルミニウム(Hokua)のハンディキャストは、なかなか剥がれ落ちません

また、普通の安価なフライパンですと、すぐにテフロンの上に食材が貼りつくようになりますが、(テフロンの滑り具合が落ちる)このハンディキャストはなかなか滑り具合が落ちないのも良い点の一つです。



関連商品

北陸アルミニウムの商品


2.食材がこびりつきにくい
このテフロン加工のフライパンは最高品質ですので、焼いても炒めてもあまり食材がくっつきません。
その為、網のついたスポンジで軽くこするだけでも、結構焦げ付きが取れます。



これが安いテフロン加工のフライパンですと、しばらく使い続けていると、すぐにフライパンの側面にコゲがこびりついて取れなくなってしまいますし、テフロンのコゲつきにくさも低下してしまいますので、たくさんの油を引かないと、ステンレスの鍋並にこげついてしまうようになります。



3.火の通りが良い
安い1000円くらいのテフロン製のフライパンを使っていると、使いにくかったり不便だと思うことが多いです。その理由の一つが、それらのテフロン加工のフライパンの『火の通りの悪さ』にあります。
(使用されている金属がダメなのか、加工がだめなのかはわかりませんが)

でも、ハンディキャストのフライパンは非常に火の通りが良いですので、炒め物も快適に作れますし、揚げ物も従来のテフロン加工のフライパンと比較すると油がよく熱せられるので、快適に揚げることができました。



また、うちではほうれん草などの野菜を茹でる時にもこのフライパンを使っているのですが、安いテフロン加工のフライパンよりもこのHokuaのフライパンは遥かに火の通りが良いので、野菜を茹でるときにも重宝します。(しかも軽いので洗いやすいのも良い点です)



関連商品

北陸アルミニウムの商品


4.ムラが少ない
炒めたり焼いたりする上で難しいのが火加減です。
特に、フライパンの温度にムラのできやすいテフロン加工のフライパンは、火加減が難しいです。なぜなら、ある部分は熱く焦げやすいのに、ある部分はぬるくて火が通りにくくなってしまい、食材全体に均一に火を通しにくいからです。

ですので、テフロン加工のフライパンなのに満遍なく火入れしやすいハンディキャストのフライパンは、なかなか調理しやいです。



6.とても軽い
実は、私的にはこれが一番でした。
もちろん母にとってもです。
テフロン加工のフライパンは厚いだけでなく重いです。



ですので、手首や肩に負担がかかりやすく、毎回のフライパンを使用した調理が億劫なものになりがちでした。(特に、煽りの必要なチャーハンや、野菜炒めなど)

でも、このハンディキャストのフライパンは、重さがわずか800gしかありませんので、炒めるのも楽ですし、フライパンを洗うのも楽ですので、毎回の調理が快適になったのでした。
これは、腕力の弱い女性には、本当にありがたいフライパンだと思います。


とまあ、こんな素晴らしいHokuaのハンディキャストのフライパンなのですが、ひとつだけ難点があります。それは『価格』です。

でも、このハンディキャストのフライパンは国産(日本製・高岡という鋳物で有名な街で作られています)ですし、特殊なアルミ合金が使われていますし(このために強度と軽さと熱しやすさが実現されています)、加工も特殊ですので、このお値段は仕方ないかなとも思います。



でも、30cm5,000円程度のお値段ですので、仮に3年間で200回使ったとすると、一回当たり25円。1000円程度の安いフライパンは普通は半年〜1年程度しか新品の頃のテフロン加工の状態がもたないですのでこんな形で比較するのはどうかとは思いますが、無理をして3年間で200回使ったとすると5円です。

たったの20円の差で、毎回快適にフライパンを使用できるとしたら結構お買い得なのではないかと思います。



関連ページ

【知って長持ち】 樹脂加工のフライパンQ&A

関連商品

北陸アルミニウムの商品


ちなみに、同様のテフロン加工が施されている北陸アルミニウム(Hokua)のテフロン加工のフライパンを1年以上前に購入したのですが、そのフライパンは未だにテフロン加工の剥落も、テフロン表面の焦げ付きも、テフロン加工がダメになることで生じる食品のへばりつきもありません。
(フライパンの外側にはコゲが付いちゃいましたが、これはスポンジたわしで擦って落としました(^^;)

このようなわけで、頻繁に家で料理する方や、手首や肩を痛めていて重いものを持ちにくい方は、北陸アルミニウム(Hokua)のハンディキャストのフライパンがおすすめです。


次ページ

すごく簡単! カロリーの摂り過ぎを防いで痩せる、一日一食ダイエットの方法と注意点

前ページ

【あの有名人も】 ヴィーガンダイエット 【やっている】


スポンサーリンク