【注射だけで】脂肪溶解注射について【脂肪がなくなる】

脂肪溶解注射(メソテラピー)と言うのは、脂肪を分解する注射のことです。
要するに、脂肪を溶解する注射を打って、脂肪を溶かそう!と言うのが脂肪溶解注射(メソテラピー)です。

元々は、病気治癒のために使用されていたのですが、医学会で脂肪溶解作用が話題となり、脂肪溶解注射は徐々に脂肪溶解としても使用されるようになったのでした。

スポンサーリンク

この脂肪溶解注射、脂肪吸引やリポレーザー以外の医学的手法でセルライトを除去できるためセルライト化した凸凹状態の体脂肪の除去のために、脂肪溶解注射を利用される方もおられます。


脂肪溶解注射(メソテラピー)の種類

 大豆由来成分が使用されているのが確認できたものには、大豆由来の成分使用と書いています。

メソフェイス

  • 顔用の脂肪溶解注射
  • 頬・顎周りの脂肪溶解
  • 鼻の脂肪溶解にも使用できる
  • 腫れむくみが出にくい
  • 足首付近や膝周りなどの関節まわりの脂肪にも

メソボディ

  • 体用の脂肪溶解注射
  • お腹・お尻・太もも・二の腕などの脂肪に
  • セルライト除去にも使える
  • 大豆由来の成分使用

メソラインスリム

  • 大豆由来の成分使用
  • 皮膚の引き締め効果
  • 部分的・全身的な脂肪除去

イタリアン メソシェイプ(イタリアンメソセラピー)

  • リンパの流れを良くする
  • 体・顔両方の脂肪除去に使える
  • セルライト除去にも使える

Regen Slim

  • インスリン様成長因子1が含まれている
  • 腫れにくい
  • 大豆成分が含まれていない
  • しこりができにくい
  • セルライト除去にも

BNLS

  • 脂肪溶解の他にも、リンパ循環、お肌の引き締めも
  • 植物や海藻などが主成分
  • 顎周りや輪郭修正などにも利用できる

ところで、この脂肪溶解注射(メソテラピー)。
メリットデメリットがあるので、使用には十分な注意が必要です。


脂肪溶解注射(メソテラピー)のメリット

脂肪を除去できる

脂肪は除去できますが、除去できる脂肪の量は脂肪溶解注射の内容や量などによって様々です。
ですので、ものすごく効果があったと言う方もおられれば、全然効果がなかったと言う方も当然おられます。
また、一度でもかなりの脂肪が無くなった方もおられれば、何度打っても脂肪がほとんど減らなかった方もおられます。


リスクが低い

脂肪溶解注射は、脂肪吸引やリポレーザーなどよりもリスクが低いです。
少なくとも、全身麻酔ではないので麻酔事故は起こらないです。
ですので、絶対に麻酔事故を起こしたくない方は、脂肪溶解注射の方が良いのではないかと思います。


料金が安い

一度で溶解(除去)できる脂肪の量は、脂肪吸引などと比較して比較的少ないのですが、料金は安めです。
(私が調べたところでは、おおよそ数万円から十数万円程度でした)

脂肪吸引の場合、足全体だと数十万円からになります。
(その代わり、1回でかなり広範囲に大量の脂肪を除去できますが)


手術跡が残らない

脂肪吸引はカニューレ(金属製のストローのようなもの)を身体に突き刺し、そのカニューレから脂肪をを吸い出しますので手術跡が残りますが、脂肪溶解注射は脂肪を溶解する薬剤を注射するだけですので跡が残りにくいです。


痛みが少ない

脂肪吸引は激しい痛みが生じますが、脂肪吸引と比較すると、脂肪溶解注射は痛みがかなり少ないです。
ただし、脂肪溶解注射を打った後は痛いと言う方もおられるようですので、お仕事やデートなどのスケジュール管理は事前に工夫しておいた方が良さそうです。
(全く痛くなかったとか、ほとんど痛みがなかったという方もおられるようですが、一応念のため、スケージュールは開けておいた方が無難かもしれません)


脂肪溶解注射(メソテラピー)のデメリット

しこりが出来る

脂肪溶解注射は、しこりっぽいものが残ることがあります。
1〜2ヶ月ほど放置したり、毎日しっかりとマッサージをすれば、たいていは消えるようですので、それほど気にすることはないのかもしれませんが、足や体のしこりを気にしなければならない事情のある方は、注意が必要だと思います。


何度も打たなければならない

1セット○回と言う料金設定になっている場合は、脂肪溶解注射を数回打つ必要があります。
一度に大量の脂肪溶解注射の薬剤を脂肪に注入するとしこりになりやすいので、複数回に分けてしこりになりにくいようにしているクリニックは多いようです。
ですので、忙しくて仕事のお休みをとることが大変な方は、少し厳しいかもしれません。

また、1セット終わってもそれほどサイズが変わらない、全然前と変わらない、体重すら同じと言うことも起こりえます。
そうなると、さらにお金を払ってもう1セットと言うことにもなりかねません。
(この場合、ギリギリのおさいふ事情の中から料金を払っている方は、かなり悔しい想いをされるかもしれません)


効果があるかどうかはわからない

脂肪溶解注射で痩せる人と痩せない人がいます。
薬剤の内容にに問題がある場合や、薬剤のに問題がある場合もあります。

何回も効果のない脂肪溶解注射を注射されてもお金の無駄ですので、何回か脂肪溶解注射を受けたのにサイズや脂肪の量が全然変わらない場合は、病院を変更してみるのもひとつの方法かと思います。


内出血することがある

注射を打った後、注射を打った場所が内出血してしまうことがあります。
必ず内出血するというわけではないのですが、どうしても内出血を起こしたくない方は、エステを利用するなどして、脂肪溶解注射はやめておいた方が無難かもしれません。


アレルギー反応が出る可能性がある

大豆などのアレルゲンの入っている脂肪溶解注射があります。
アレルギー体質の方はアナフラキシーショックや蕁麻疹が出ないよう、脂肪溶解注射の種類や主成分には十分にご注意下さい。
(また、自分は○○アレルギーではないと思っていても、実はアレルギーを持っていたと言う『隠れアレルギー』もあります)


スポンサーリンク