当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

【量】 和菓子のギフトについて 【種類】

和菓子のギフトは、甘味好きの人からするとなかなか嬉しいギフトです。
ただ、普通にギフトとして和菓子を贈る際は、以下のような点には注意が必要です。

スポンサーリンク

和菓子をギフトとして贈る際の注意点

和菓子好きかどうか

和菓子が好きではないけど洋菓子は好きな場合は、和菓子を贈っても喜ばれない可能性もありますので、そのような場合は、洋菓子を贈るか、洋菓子風の和菓子を贈るほうが無難です。



2.食べきれるかどうかを考える

一人、若しくは二人でお住まいの方にギフトとして和菓子を贈る場合は、食べきれるかどうかを考えてから贈った方が無難かもです。
(ご近所にお友達やお知り合いが多く、すぐに消費出来てしまう場合は除く)


3.糖尿病や高脂血症の方へ贈る際は要注意

糖尿病や高脂血症の方は、糖分が多いものやカロリーの高いものは制限されている場合がありますので、和菓子をギフトとして贈る際は要注意です。


4.日持ちのしやすさを考える

ギフトの用の和菓子は日持ちの良いものが多いですが、日持ちの良くない物を多量に贈るのは避けたほうが無難です。


5.甘味好きかどうかを考える

和菓子好きな方にとっては和菓子は最高の贈り物ですが、そうでない場合や、甘味は苦手な方の場合には、和菓子のギフトが負担になってしまう場合もありますので、和菓子を贈るには注意が必要です。


6.味のバリエーションを考える

一般的には、味のバリエーションがあった方が一人暮らしやご夫婦でお住まいのお宅だと喜ばれやすいです。
その反面、大家族や地域の方々やお友達などと贈った和菓子をお召し上がりになる場合は、一種類あたりの量が多い和菓子のほうが向いているかと思います。

何故なら、種類が豊富で各々が違う物であった場合、誰に何を配るか(差し上げるか)など、変に気を使ってしまい気疲れしてしまうことがあるからです。
ですので、どのような方に贈るのか考えつつ、和菓子ギフト選びされる方が無難かと思います。


スポンサーリンク