【抜群の効果】 金のアルミフィルムマスクについて

金のアルミフィルムマスクとは、アクアコラーゲンゲルとセットで使う保温&保湿用のマスクです。



非売品ですので、通販やお店では手に入らないです。
今回は、たまたまプレゼントとして頂いたので、手に入れることができました。
(評判が良ければ、市販されるようになるかも?)



アクアコラーゲンゲルを付けたあと、金のアルミフィルムマスクを顔に貼り付けると、自身の熱でぼわ〜っと顔が熱くなります。


アルミの高い保温性

自分の熱でぼわ〜っと熱くなるのは、アルミの保温性のせいです。
部屋の断熱でも、アルミの保温シートは大活躍しています。

アルミは保温性が高い金属ですので、登山用や避難用のアルミシートも、自身の熱だけでかなり暖かくなります。

アルミシートの保温力はとても高いので、美容成分の浸透力アップ目的や、保温による発汗などの目的で、エステサロンでもアルミシートが使われています。



入浴中は、さらに金のアルミフィルムマスク保温性がUPするので、入浴中に金のアルミフィルムマスクを使うと、さらに良いようです。



でも、入浴中に使う場合には、アクアコラーゲンゲルを含んだ汗を拭き取れるよう、フェイスタオルを持って入った方がよいかもしれないです。

実は金は意味がない

金のアルミフィルムマスクと言うんで金色の面を貼り付けるのかと思ったら、実は『 金色 』の面は『 表側 』で、裏側のアルミの『 銀色 』の面を顔に貼り付けます。
(逆かと思った)



ここだけの話、銀色の面をお顔に貼り付けるのであれば、別に金色でなくてもよかったんじゃあとか思いました。( ̄m ̄)


金のアルミマスクのフィルムの厚さ

金のアルミフィルムマスクは非常に破れやすいので、を見ながら慎重に貼り付ける必要があります。

特に、目の位置と口の位置には気をつけます。



鏡なしで金のアルミフィルムマスクを貼り付けるのはかなり難しいと思いますので、絶対に鏡の前で貼り付けたほうが良いです。

目の位置がずれると、貼り直さないといけなくなりますが、剥がそうとすると破れたり裂けたりしやすいので、貼り直す際は、かなり慎重にした方が良いです。

また、アルミ箔よりもさらに薄いので、アルミ箔と同じように扱ってしまうと、ビリビリになってしまいます。



最初は『 堅くて痛いかな? 』と思いましたが、実際に使ってみるとそんなことはなかったです。

でも、パリパリしているので、非常に浮きやすく剥がれやすいです。

しかも、肌にそのパリパリ感が残ります。
(跡ができるわけじゃないんですが、何となくのパリパリ感が残ります)

パリパリしたのがどうしても苦手で、しっとりした保湿パックを使いたいのであれば、ウェットタイプのフェイスマスクの方が良い気がします。


ドクターシーラボ アクアコラーゲンゲル ディープモイスチャーマスク(5枚入)【ドクターシーラボ(Dr.Ci:Labo)】[スキンケアクリーム]【送料無料】

価格:3,780円
(2016/11/23 11:37時点)
感想(1件)


ただし、ウェットタイプのフェイスマスクの場合は、冬場、冷たい部屋で使うと顔が寒いですし、浸透性が悪くなりやすいので、お部屋を十分に温めてから使う必要があります。


金のアルミフィルムマスクをきれいに貼り付けるには

事前に、顔にかなりのアクアコラーゲンゲルを塗りつけておきます。

塗るアクアコラーゲンゲルの量が少ないと、剥がれたり浮いたりしやすかったです。

ですので、いつもは少量のアクアコラーゲンゲルしか使わなくても、最低でも、さくらんぼ2個ぶん程度は使ったほうが良いです。



説明文では、さくらんぼ3個ぶんと書かれてありましたが、そこまでは多くなくても貼り付けることは出来ました。



でも、金のアルミフィルムマスクを顔に貼った後のアクアコラーゲンゲルは、徐々にお肌に浸透していきます

なので、さくらんぼ2個ぶんのアクアコラーゲンゲルでは、金のアルミフィルムマスクを剥がした後のマッサージはできませんでした。

そのようなわけで、マッサージまで含めてやるのであれば、やっぱり、さくらんぼ3個ぶんのアクアコラーゲンゲルは塗ったほうが良いかもしれないです。


金のアルミフィルムマスクの使用後のマッサージ

金のアルミフィルムマスクをつけたまま20分ほど放置していると、アクアコラーゲンゲルがお肌にかなり浸透してしまいます。

そのため、金のアルミフィルムマスクを使ったあと、マッサージまでしたい場合は、かなり多めにアクアコーラゲンゲルを塗っておいた方がよいように思います。
(マッサージ用に追加で塗り直しって言うのもありかも?)


金のアルミフィルムマスクの使用後

金のアルミフィルムマスクを20分ほど貼り付けておくと、アクアコーラゲンゲルに含まれていた水分や美容成分がお肌に浸透してしまい、金のアルミマスクがお顔にくっついてしまう場合があります。

その場合、金のアルミフィルムマスクが剥がれにくくなりますので、慎重に剥がしていきます。

金のアルミフィルムマスクはかなりの薄さなので、貼り付けた直後に慎重に剥がしても、剥がす時に破れてしまうことが多いです。

なので、洗って使い回ししようと思えばできなくもないのかもしれないですが、それだとボロボロになると思うので、止めておいたほうがよいと思います。
(衛生的も問題ですし)


金のアルミフィルムマスクの使用後の感想

かなりウフフの満足の結果でした。
思わず、鏡を見て笑ってしまいました。

たるんだ顔の皮膚が、ピンと張った感じが嬉しかったです。

あんなにベッチョリするほど塗ったアクアコラーゲンゲルが、ベタベタ程度まで肌に吸い込まれていたので、そりゃあ、皮膚もピンと張るでしょうよとは思いますが。

金のアルミマスクは『 非売品 』ですので、お店や通販では手に入らないですが、もし手に入れる機会があれば、お使いになってみてもよいのではないかと思います。
(試しに、ダメ元でシーラボに問い合わせしてみるのもありかも?)


スポンサーリンク