【頭クラクラ】 低糖質ダイエット体験談 【体フラフラ】

低糖質ダイエットとは?

低糖質ダイエットと言うダイエット法があります。
これは、糖分炭水化物食事から全てカット(お米やパンやパスタなどの炭水化物や、飴やクッキーやケーキなどの甘いものを一切摂らないようにする)して痩せるというダイエット法です。

この低糖質ダイエットでは、お芋やかぼちゃは言うに及ばず、調味料として使用するみりんやお砂糖、それに糖質の入っているドレッシングなどもカットしますので、食べられるものがかなり限定的になり、食事作りやメニューを考える段階から、かなり大変なことになります。

スポンサーリンク

低糖質ダイエットをしようとしたきっかけ 

私が低糖質ダイエットをしようとしたきっかけは、低糖質ダイエットで短期間に大幅なダイエットに成功した方を見たからです。
しかも、沢山の食べ物を食べることが出来て、食べ物を我慢する必要がなかったとのこと。

これは素晴らしい、是非私もやってみたいと言うことでやることにしたのでした。
沢山食べれるのにダイエットできる。
肉や魚は食べ放題。
お野菜も当然食べ放題。
バターや油は使い放題。

そのようなわけで、この低糖質ダイエット法を実践するまでは、私にとってはこの低糖質ダイエットは、夢のようなダイエット法に思えたのでした。


低糖質ダイエット実施中

低糖質ダイエット中の心身の変化は以下の通りです。


開始直後

1. 強い空腹感
2. 量をたくさん食べることができるので楽しい
3. カロリーはさほど気にしなくて良いので気が楽
4. 体が軽い


開始から数日後

1. 頭がクラクラする
2. 頭が働かない
3. 体がだるい
4. 甘さに対する感受性が高まった (少しの甘さでも猛烈に甘く感じる)
5. 便秘になる
6. 体がフラついてを動かしにくい
7. 常に空腹感
8. 低糖質ダイエット用の食事に飽きる
   (炭水化物も糖質も摂れないため、食事が似たようなものばかりになったため)
9. 急速に体重が下落する


さらに数日後

1. 頭が働かず、単純作業で沢山のミスをするようになる
2. 起きたり歩いたりしゃがんだり程度の動きでもしんどくなる
3. 便秘は継続
4. 空腹感はなくなる
5. 体重の下落はストップする (何故か体重が減りにくくなった)
6. 食欲低下 (炭水化物や糖質のない食事を食べるのが苦痛になる)


低糖質ダイエットの結果

体重の下落がストップしましたので、ここで低糖質ダイエットを中止しました。
結局、中止直後で7kg程度のダイエットに成功しました。

ただし、かなりの心身のダメージでしたので、これは長期間は続けられないように思いました。
低糖質ダイエット直後は体内の糖分で必要な糖分をまかなえていたために平気でしたが、それが切れたあたりからきつくなってきたように思います。

リバウンドについてですが、戻りは非常に早かったです。
(それはもう、素早く戻りました。(^^ ; )
低糖質ダイエットを中止した直後の空腹感の揺り戻しは凄まじかったです。
ですので、低糖質ダイエット中止後のドカ食いには注意が必要だと思いました。

それと便秘
お野菜は沢山摂取しているのに、酷い便秘になってしまいました。
これは私の推測ですが、この酷い便秘は、穀物から摂れる食物繊維が減ったためと、糖分の吸収を高めるために腸が頑張り過ぎたためなのかなと思います。
とにかく、いくらお野菜を食べても便秘は収まりませんでした。

ちなみに、沢山食べているのに何も食べれていない感覚は、あの時が初めてだったように思います。実に不思議な感覚でした。

中止した直後は、普通の白米がまるでお砂糖をかけたように甘く感じたのを覚えています。
甘さは固定的なもの(常に一定に感じるもの)ではなく、体の状態によ寄って変わるのだと言うことも、その時に知りました。


スポンサーリンク