【そっくり?】精進料理とマクロビオティックダイエット

精進料理とは、肉や魚や乳製品や卵を使用しないで調理をする料理のことを言います。
(本物の精進料理は、ダシに鰹節も使わないんですよ)

この料理法、何かに似てるなぁと思ったら、「マクロビオティックダイエット」でした。
ところで、私は以前精進料理を食べさせてくれるお店に行って精進料理を食べたのですが、これがまた美味しいんです。
しかも体の中がスッキリする感じがして体にもよさそうな気配です。


精進料理のたんぱく質

精進料理でどうしても気になるのがたんぱく質の量ですが、これが以外にも取れている場合が多いので驚きです。
とりあえず私が食べた精進料理の中からたんぱく質のありそうな食材をチョイスしてみると・・・


湯葉

豆乳を温めた時、上に張った膜を湯葉といいます。
生湯葉は特に美味♪

生湯葉を食べたら、乾燥物の湯葉はもう一つに思えるほど。
まだ生湯葉を食べたことが無い方は、ホットプレートに豆乳を入れて熱すれば、簡単に生湯葉が取れますので、ぜひトライしてみてくださいネ!


高野豆腐

これも精進料理の代表格。
ダシのしみた高野豆腐はまさしく絶品。

かみしめるごとにダシの味を堪能できます。
高野豆腐の発祥の地は高野山。
高野山といえばお寺さんがたくさんある山。

その高野山ですが、標高が高いだけあって非常に寒いのが特徴です。
豆腐を凍らせておくと高野豆腐のようになりますが、かようにして生まれたのが高野豆腐。
(高野豆腐はその後さらに乾燥させて完成です)

しかも高野山では美味しい精進料理も食べれるのでダブルにウマー。
さらには高野山で売っているゴマ豆腐が絶品です。
ところで高野山ですが・・・冬はとても寒いので(冬に限らず)、厚着をして行った方がよいです。底冷えのする寒さです。


ゴマ豆腐

高野山ではたくさん売られています。
マッタリとしたクリーミーな味わいとゴマの香りが特徴です。

そのままで食べるとちょっとしつこいような気もしますが、わさびを乗せて食べるとこれが超絶品な味わいなのです。
ダシ醤油で頂くととても美味。

まるでチーズのようなムースのようなその舌触りに、最初食べたときはやみつき決定でした。
とにかく美味しい食材なので、お勧めの食品です。
ところで、このゴマ豆腐、良質のタンパク質が結構入っているんです。
栄養分から考えても見逃せない食品ですネ!


豆腐

これは言わずと知れたタンパク質の宝庫。
私が食べたときにはお吸い物に入っていましたが、ダシの上品な味わいがとてつもなく絶品なのです。

毎日食べても決して飽きない王道の食品。
さわやかで上品な味わいで、豆の香りがほのかに漂うのが素敵です。
さらにダシの味付けが薄くても濃くても、そのダシにあわせて上手く美味しさを変化させるあたりは、豆腐の素晴らしさがいかほどであるかを物語っているかと思います。


関連商品

マクロビオティックの本

マクロビオティックのレシピ本


味噌

味噌汁や味噌和えなどでおなじみの食材です。
そのままジャガイモなどにつけても美味しいですし、味噌和えなどにしても極ウマなのです。

味噌は甘さを加えてあげることで、その旨みが一層引き立つ食品であります。
マクロビオティックダイエットでは、精製したお砂糖は使えないのでみりんで代用します。
ちなみに、うちでも味噌和えは主にみりんを使用しています。
みりん独特のこくと甘みがあいまって、旨みがさらにグレードアップ。

インゲン豆などに和えれば、インゲン豆の瑞々しさと味噌和えのもとが絶妙にマッチして、この上ないハーモニーを生み出します。このインゲン豆の味噌和えに、さらに細かく刻んだピーナッツなどを混ぜても美味しいのでお勧めです。

ピーナッツの風味と乾燥した食感が、インゲンの味噌和えにさらに一花添えます。
このピーナッツにもタンパク質が豊富に含まれていますので、まさにタンパク質が宝庫の副菜になるというわけです。


次ページ

【そんな】バナナダイエットの真実【バナナ】

前ページ

【ダイエットの基本】 食べないと痩せない


スポンサーリンク