【ダイエットの基本】 食べないと痩せない

以前、TV東京系の番組で、武田鉄也さんが司会をされていた「解決クスリになるテレビ」というのをやっていました。
(今は放送されなくなってすごく残念です。すごく好きな番組だったんですが・・・)

そこで、100kgを超える女性がダイエットをするという内容が放映されていたんですネ。
番組は、その女性が健康的にダイエットするために、日本食を食べることを勧めていました。
それに、肉や脂分をかなり多めに摂っておられたようですので、その食事内容も見直して、運動方法の指導もされていました。

通常は一人の女性がダイエットをする際は、一回の放送で一人の割合で放送されていたんですが、この会だけは別。
2回に分けて放送されていたのです。


【頑張ったけど】 ダイエットの落とし穴

一回目の放送では、その女性は見事痩せることに成功して、お腹などはものすごくへっこんで、キレイに痩せていたのです。
この調子で2回目の放映時にはさらに痩せましょう〜という企画だったのですが・・・

問題はここからでした。
その女性は、「痩せなくては!」と思って、食べる量を大幅に制限していたのです。
その為、停滞期が起こりまくってなかなか痩せない体になっていたのです。

しかも、動けないのです。
食べていないので力が抜けてしまい、動こうとしてもフラフラしてしまうのです。
旦那さんは物凄く心配されていました。

しかし、「何としても痩せないと・・・」というその一心で、彼女はさらに食べないことを続けます。
しかも、水を飲むと太るから・・・と言う理由から、水もほとんど飲みませんでした。


【ダイエットを見直そう】 痩せるために

そこで番組のスタッフは、そのダイエット法を改めてもらうため、ボクシングの世界チャンピオンだった井岡さんのボクシングジムへ彼女を連れて行き、食事指導と運動指導をしてもらったのです。

食事指導と言っても、運動中にチーズなどのたんぱく質を食べるだとか、食事はしっかりと3食するだとか、特性ダイエットスープの作り方を井岡選手のお母さんに教えてもらうだとか、そういったことだったと記憶しています。

彼女はその井岡選手のボクシングダイエットの方法を実践して見事ダイエットに成功し、長く続いていた停滞期からも抜け出したのでした。
彼女の例からも分かるように、ダイエットはただ食べないだけじゃ痩せないようです。
食べながら、運動しながら痩せる・・・これが一番良いダイエット法なんだと思います。


関連ページ

ボクササイズ グッズ


【井岡式ダイエットとは】 こんなダイエット法です

WBC世界ストロー級 & WBA世界ジュニアフライ級チャンピオンの井岡選手の提唱しているダイエット法です。

ボクシングは過酷な減量で知られていますが、ハードなスポーツであり、ハードな減量を行わなければならないボクシングの中にあって、いかにして健康を保ちながら痩せれるかということを、トコトンまで追求し実践した井岡選手だからこそ書ける著書かと思います。

この他にも井岡選手は、ボクシングジムも経営しており、そこでダイエットの指導もされているそうです。


次ページ

【そっくり?】精進料理とマクロビオティックダイエット

前ページ

【健康的ダイエット】 マクロビオティック


スポンサーリンク