【美しくダイエット】鈴木その子の書籍

鈴木その子さんは生前「食べないダイエットは痩せない」「ダイエットに良い調理法で作られた食事を食べるとダイエットできる」という、ダイエット法を提唱していました。

20年間という長い間、食事とダイエットについての著書を多数出版し、ダイエット界に君臨し続けた 「鈴木その子式ダイエット」
10万人の過食症や拒食症患者さんの食や肥満の悩みを解決し続けた 鈴木その子さんの本は、現在でも多数販売されています。


鈴木その子式ダイエットでは なぜ 痩せられるのか

鈴木その子式ダイエット徹底した油分抜きダイエットですので、ご飯や栄養のあるおかずはしっかりと食べて良いのです。
その代わり、徹底して油分を抜くのです。

通常、このような油分抜きの食事と言うのは、どうしても味気なくなってしまうので長期間続けにくくなるものですが、鈴木その子さんはその味気なくなりがちだった油分抜きの食事を美味しく食べるためのレシピや調理法を開発しました。

そして、それらのノウハウを彼女の著書に多数掲載したのでした。
それが、鈴木その子さんのダイエット本(レシピ本)です。


関連ページ

鈴木その子さんのダイエット本


効果のありそうな人となさそうな人

ところで、以前、某TV番組で、人間には遺伝的に『油分を摂って太りやすい人』と、『糖分(炭水化物)を摂って太りやすい人』と、『どちらを摂っても太らない人』と、『どちらを摂っても太りやすい人』があると、アメリカで働く日本人の女医さんが話しておられたのですが、この鈴木その子式のダイエットの場合は『油脂抜きダイエット』ですから、油分を摂って太りやすい人と、どちらを摂っても太りやすい人には効果があるかと思います。

でも、糖分(炭水化物)を脂肪として蓄積しやすい人は、糖分の摂取自体を減らさねばならないですので、そうなると、主食の白米やうどんを ソバや玄米や押し麦などの『血糖値の上がりにくい主食』に変えた方が無難なのかもしれません。


関連ページ

遺伝子とダイエットの本の一覧ページ


 効果のありそうな人となさそうな人

(あくまでも予想です)

遺伝型 効果 主食
油分を摂って
太りやすい遺伝子の人

効果が高い
変更なし
どちらを摂っても
太りやすい遺伝子の人

油分の分は
脂肪蓄積が軽減
低炭水化物
糖分(炭水化物)を摂って
太りやすい遺伝子の人
X
油分カットは
効果が薄い
低炭水化物
どちらを摂っても
太らない遺伝子の人

関係なし
変更なし

次ページ

【太りにくく健康に!】低炭水化物ダイエット

前ページ

【置き換え】 プチ断食ダイエットとは?


スポンサーリンク