【ウサギと亀】ダイエットと性格

性格が正反対の動物が競争をする「ウサギとカメ」という童話があります。有名な童話ですので、皆さんご存知だとは思いますが、このお話は人間の性格を例えて、お話にしたものであるかと思います。

世の中には様々な人々がおられます。
ノンビリした人もいれば、せっかちな人もいます。
コツコツと毎日少しずつ何かをするのが好きな人もいれば、まとめてバババババとやるのが好きな人もいます。

世の中におられる人々の性格がこれほどまでに違いますので、私は、人々の行うダイエット法やハードさなども全然違っていても良いと思います。

スポンサーリンク

【ウサギさんの注意点】 ココに気をつけよう

ウサギさんの場合、短期間でダイエットをしてしまうわけですから、当然リバウンドの問題が出てきます。今まで消費カロリーを大幅に増やすか、摂取カロリーを大幅に減らすかのどちらかのダイエットをされていたと思いますので、生活習慣を一気に元に戻してしまうと、急激に太りやすくなってしまうのではないかと思います。

そこで、ダイエット後にはリバウンドしにくいように、時間をかけて食事内容や運動内容を元へ戻していくという、「カメさん的」な自己管理が必要になるのだと思います。


【カメさんの注意点】 ココに気をつけよう

カメさんは毎日コツコツと同じ事を繰り返せる人です。
しかしながら、その行動の方向性が間違っている場合には、時間を大きくロスしてしまうことにもなりかねないと思います。

ウサギさんでしたら、あっという間に違う場所にいってしまうので、方向性が確認しやすいですが、カメさんの場合は毎日が大変ゆっくりな歩みであるため、長期的なスパンで見ないと、その間違いに気付くことが困難なのです。

例えば、一日の摂取カロリーが明らかにオーバー気味なカメさんが、運動によるカロリー消費ダイエットをしていたとしますと、カロリーオーバー自体はあまり変わらないため、体重は増えにくくなるものの、ダイエット効果も限定的であるかと思われます。

ですので、カメさんタイプの方は事前に、どこに問題があるのかをしっかりと考えたうえで、ダイエットプログラムを実行することが大切であるかと思います。


スポンサーリンク