【その一杯に気をつけよう】飲み会の後のラーメン

飲み会の後にラーメン屋に行って、ちょっと一杯ラーメンを・・・これって最高に美味しいですね。
そうなんです。
お酒を飲んだ後というのは、お腹が空くし食べ物が美味しいんです。

お酒を飲むと、お酒の中に入っているアルコールが、脳の「満腹中枢」を麻痺させます。
(麻痺させるのは満腹中枢だけでなく、バランス感覚も麻痺しますし、理性をつかさどる脳も麻痺しますので、悪酔いして人に絡んだり、フラフラと千鳥足で歩いたりするわけです。さらに飲酒した状態で運転すると、集中力も衰えているために事故を起こしやすくなるのです)

とまぁこのようなことから、お腹一杯のはずなのに、なぜかアツアツのラーメンを美味しく食べることができちゃうわけです。

スポンサーリンク

お酒を飲んでも飲まれるな?

お酒を飲んで酔う人のタイプは以下の通り。


気持ち悪くはならないが、脳が麻痺してフラフラするタイプ
アルコールの分解速度が遅いため、アルコールが脳に回って脳が麻痺

アルコールを飲むと悪酔いして気持ち悪くなるタイプ(塩漬け姉さんはコチラ)
アルコールを分解する能力は高いが、アルコールを分解した後のアセトアルデヒド(体には有害)を分解する能力が低いため、アセトアルデヒドの効果で気持ち悪くなる。


このなかでも、気持ち悪くはならないが、脳が麻痺してフラフラするタイプの酔い方をする場合は、お酒を飲んだ後のラーメンが一際美味しく感じられるのではないかと思います。
ですのでこのタイプの方は、お酒を飲んでも飲まれない程度に飲むペースを自粛する必要があるのではないかと思います。


関連ページ・関連商品

こんにゃくラーメン

こんにゃくを使った麺料理


【でもタップリ飲んじゃった】 どうしても食べたい時は

どうしても食べたいときは、家に帰ってお茶漬けが宜しいのではないかと思います。
お茶などの「水分」を摂取すれば、体内のアルコール分を薄めることが出来ますし、何よりラーメンよりかカロリーが低いのが嬉しいです。

しかしながら、どうしてもラーメンが食べたい方もおられるかと思いますが、そういった場合には、こんにゃく麺がよいのではないかと思います。こちらは、通常のラーメンよりもカロリーが驚くほど低いのが特徴です。


スポンサーリンク