カフェインと利尿作用

コーヒーや緑茶を飲むと、目が覚めます。
これは、コーヒーや緑茶などに含まれる カフェイン覚醒作用があるからです。

でも、このカフェインには「覚醒作用」以外に ※ 利尿作用 もあります。
ですので、コーヒーや緑茶を飲むと、トイレも近くなります。

スポンサーリンク

むくみが発生している場合、カフェインの入った飲み物を飲むと「むくみが緩和」しやすくなるのですが、これはカフェインに含まれている利尿作用のおかげです。

ところで、このカフェインですが、意外なものにも含まれています。
それはコーラです。
あんなに甘い飲み物にカフェインが含まれているのが驚きなのですが、実は、コーラにはカフェインが含まれているので利尿作用があり、コーラを飲むとむくみが解消されやすくなります。

ちなみに、カフェインには胃酸を多く出させる働きがあるため、飲みすぎると胃を荒らしてしまう可能性がありますので、飲みすぎには注意しましょう。
(「タバコ+コーヒー」の組み合わせは、タバコによる胃粘膜の保護作用を低下させる働きと、コーヒーによる胃酸を多く出させる働きが、より一層 胃を痛めさせる原因ともなりますので、タバコとコーヒーの組み合わせは避けた方が無難です)

※ 利尿作用
カフェインの場合の「利用作用」は、尿管内での水分の再吸収を阻害する働き(尿管に水分が再び吸収されるのを防ぐ働き)があるために起こります。


スポンサーリンク