セルライトが見えやすくなるライト

セルライトとは、皮膚の表面がデコボコしている状態のことです。
ですので、光を上から下に向けて当ててやったりすると、デコボコが目立ちやすくなります。

そんなわけで、グラビア嬢やアイドルなどの脚やお尻をの露出度の高い職業の方々の中には、後姿のライトの当て方にこだわっている方もおられるようです。

スポンサーリンク

日常のセルライトの目立ちやすい光源(ライティング)

  • 上から真下へのライティング
  • 昼間の太陽が真上に昇っている時間帯の日の光
  • 蛍光灯の灯り

日常のセルライトの目立ちにくい光源(ライティング)

  • 太陽の光が少ない曇りの日
  • 薄暗い白熱灯(白熱灯ふう)の灯りが灯る部屋
  • 真横からの灯り

ちなみに、蛍光灯の灯りは物がくっきりと見えやすい灯りですので、目に優しく、作業しやすい灯りなのではありますが、セルライトの凸凹や毛穴やニキビ跡などもはっきり見せてしまうため、女性にとっては美しく見えにくい光だと思います。

しかしながら、蛍光灯の方が白熱灯と比べてコスト面でも優れているため、なかなか蛍光灯を手放しにくいのが難点だったりします。

でも、最近では、蛍光灯なのに白熱灯のような光に見えるような蛍光灯も発売されていますので、セルライトが気になる方は、照明器具を買う際に、白熱灯ふうの蛍光灯を買うようにされると良いかもです。

さらに、真上からの直射日光を受けるとセルライトの凸凹も目立ちやすくなりますので、海水浴やプールなどで水着を着なければならない時などは、できるだけ日陰でじっとしていたり、お肌の凸凹をカバーするボディファンデーションなどを利用するとよいかもです。


スポンサーリンク