お風呂上りのマッサージ

お風呂に入ると血行がよくなり、余分な水分や老廃物などが排出されやすくなります。
そこで、セルライト対策用のマッサージを行うのであれば、お風呂上りのマッサージが良いわけですが、一つだけ注意点があります。
それは、お風呂に入ることでマッサージする箇所の角質が水でふやけてはがれたり傷ついたりしやすくなっているという点です。

スポンサーリンク

そこで、お風呂上りに角質を傷つけないようにマッサージするための方法を掲載してみたいと思います。


1、マッサージ用のボディオイルクリームなどをつけてマッサージする
2、優しくマッサージする
3、爪などはキレイにカットしておく
4、一部だけを過度にマッサージしすぎない
5、マッサージ用のボディオイルやクリームは多めに使用して、お肌の負荷を減らす
6、入浴後にお肌に低めの温度のぬるま湯か水をかけて、お肌の角質を引き締める


この他にも、色々とあるかとは思いますが、みなさんも、お肌の角質を痛めないようなマッサージ法を探してみてください。


スポンサーリンク