ローラソニックスパについて

超音波でセルライトの出来ている皮膚や脂肪をマッサージするスリムソニックスパについてなのですが、そのスリムソニックスパには新バージョンの製品があります。
それがローラソニックスパです。
従来のスリムソニックスパに備わっていた機能も搭載されています。

スポンサーリンク

オートスキャンニング機能

オートスキャンニング機能とは、体の状態(多分、皮下脂肪などの状態)によって、超音波の出力を自動的に変更してくれる機能です。
出力切り替えの手間がかからないのが特徴です。

キャビテーションを起こさない

キャビテーションとは、超音波によって生まれる気泡が破裂することです。
超音波洗浄器などはキャビテーションで洗浄するんですが、セルライト対策用のマッサージ機器の場合、皮膚内部の脂肪に働きかけたいので、皮膚表面にキャビテーションが起こるのは不適切です。そこで、キャビテーションを起こさない仕組みになっているんですね。

防水加工済み

防水加工が施してありますので、入浴中に使用できます。

このローラソニックスパの新しい点は、トルマリンゲルマニウムが追加された点です。
トルマリンとゲルマニウムの効果については賛否両論があるので、こちらのページでは敢えて掲載しないですが、トルマリンとゲルマニウムが追加されたことだけ掲載しておきたいと思います。

価格的には、スリムソニックスパの方が安価です。
ヘッドの形状は、スリムソニックスパの方がツルリとした丸いヘッドをしており、ローラソニックスパの方はローラー型をしています。

このため、お手入れについては、スリムソニックスパの方が楽そうです。
両方とも防水加工済みですので、入浴中の使用が可能ですし、オートスキャンニング機能やキャビテーションを起こさない機能もそのままです。

現在、両方とも市販されていますので、セルライト対策用のマッサージ機器を購入する前に、どちらを購入するか比較検討してみるのもよいかもしれません。


関連情報

ローラソニックスパ
超音波型のマッサージ機器 ページを見る
セルライト対策用 マッサージ機器 ページを見る
スリムソニックスパ ページを見る

ヤーマン【水中超音波&EMSで効率的に全身トリートメント】プラチナホワイトスリム HDS-23
  • 大きいヘッドで効率的にケア
  • お風呂で簡単EMS
  • お湯や水がジェル代わりになる
  • 0.8MHzソニック+4極EMSのW刺激
  • ヘッドは直径65mmの大面積
  • ボディモード
    (しっかり刺激・おなか、おしり、足、腕などに)
  • フェイスモード
    (マイルドな刺激・表情筋をトリートメント・細かい刺激を表情筋に伝える)

ヤーマン プラチナソニックスパ EMS HDS-24
  • 筋肉運動(筋収縮)で引き締まった体作り
  • 4極のEMSで複合的に筋肉へ作用
  • 0.8Mの超音波で深い部分へトリートメント
  • 液晶表示なので操作性も抜群
  • 防水加工でお風呂の中に入れても安全

ヤーマン スリムソニックスパ EMS HDS-21W
  • 超音波とEMS機能搭載
  • 全身ケアができるエステ機器
  • 目的別に波形や出力が変化
  • 効率よくトリートメント

スリムソニックスパ
  • お風呂で使える超音波美肌器
  • 防水加工なのでお風呂場で使用る
  • ジェルを使わなくても良い
  • ベタベタ感やわずらわしさなし
  • 毎秒100万回のミクロマッサージ波(超音波)が深く浸透
  • オートスキャンニング機能で超音波の出力を自動可変
  • 刺激の強弱の組み合わせで、お肌への刺激の慣れを防ぐ
  • キャビテーション(空洞現象)を起こさないので安心
  • フェイス・ボディ用レベル各2段階調整
  • バイブ機能付き


スポンサーリンク