アクシダームでセルライト除去

脂肪細胞を除去する方法として、昔は「脂肪吸引」と言う方法があります。
さらに、レーザーで脂肪細胞を溶かしてしまい(溶かした脂肪を吸引することもあります)老廃物として体外へ排出する、脂肪吸引から一歩進んだ「リポレーザー」なども使用されてきました。

その後、脂肪を除去する方法として進化したのが、「メソテラピー」でした。
このメソテラピーは、脂肪の代謝を高める薬剤を「注射器で直に体に注入する」と言うものです。

スポンサーリンク

このような感じで、脂肪細胞を除去する方法も、年月が経つにつれて、徐々に安全で体に傷をつけない方法が発明されてきたのでした。

この後、さらに進化した方法が発明されたのでした。
それが「アクシダーム」です。
「アクシダーム」と言うのは、皮膚表面の角質層を開いて、そこに電子孔を開けて「薬剤を浸透しやすくする機械」です。


  • アクシダームは、一部の美容整形外科やエステサロンなどで導入されています
  • 現在は、世界中(25カ国)で使用されています

これですと、分子量の大きな成分水溶性ではない成分でもお肌に浸透させることが出来ますし、ひと昔前であれば、メソテラピーのように注射器などで直接薬剤を注入していたケースでも、ヒアルロン酸などを顔に注入する際も、注射器を用いずに薬剤を皮下に注入できます。

ちなみに、今までは、皮膚の下に薬剤や化粧品を入れるためには、イオン化した薬剤や水溶性の薬剤を用いていたわけですが、このイオン化した薬剤や化粧品であっても、皮膚の下に到達する量はほんのわずかでした。

しかし、この「アクシダーム」ですと、皮膚の下に到達させることができる量を相当に増やせますので、より効果が出やすいです。

ちなみに、アクシダームは薬剤や美容成分を浸透させる深さを指定できますので、美肌のための浅い部分の使用だけではなく、セルライト除去用や脂肪除去用として、深い部分への薬剤の注入をすることも出来ます。


スポンサーリンク