更年期のセルライト予防

年をとると、お尻や太ももにセルライトが出来やすくなります。
若いうちはセルライトとは無縁であっても、更年期に差し掛かる頃にはセルライトがビッチリなんてケースもあったりします。

でも、更年期になると脂質の代謝が低下してしまいますし、ホルモンバランスの崩れからむくみや冷え性を起こしやすくもなるので、ある程度、セルライトの発生は覚悟しておかねばならないことなのだとは思います。

スポンサーリンク

しかしながら、いつまで経ってもきれいでありたいと願うのは、世の女性の願望です。
そこで、更年期のセルライト予防(むくみ解消&肥満対策)についての情報を掲載したいと思います。


更年期とは

閉経前後の10年間。
閉経前の大幅なホルモンバランスの変化によって、更年期障害や自律神経失調症などを引き起こすケースもあります。

更年期の特徴

顔のほてり・多汗・冷え症・動悸・不眠・むくみ・鬱・めまい・吐き気・肩こりなど

更年期障害によるむくみがひどい場合の対処法

  • 病院に行く
    (更年期外来・閉経外来・婦人科)
  • 漢方薬を飲む
    (漢方薬を処方している病院に行って処方してもらえば、保険が効く)
  • 暴飲暴食を控える

更年期の肥満対策

  • 長時間の軽い運動(散歩など)をして、セルライトの元凶である「脂肪」を貯めこまない
  • 暴飲暴食を控える
  • バランスのよい食事を摂る
    (脂肪・糖質は少なめにする)
    (亜鉛、カリウム、カルシウム、ビタミンD、食物繊維を多めに摂る)

更年期の症状を緩和させる

豆腐などの大豆製品には、女性ホルモンの「エストロゲン」と似たような働きをするイソフラボンが含まれていますので、更年期障害の症状を緩和できる可能性があります。
大豆製品は、動脈硬化の予防やローカロリーの栄養豊富な食材ですので、普段から多めに摂るように心がけたいものです。


関連商品

イソフラボン
大豆製品

※ 体に何らかの疾患をお持ちの方は、かかりつけのお医者さんにご相談下さい。
※ 効果には個人差があります。

スポンサーリンク