セルライトができる過程

以前、私はセルライトを医学的に認められた「病気」ではなく「症状」だと書きました。
でも、近年では医学的な研究も進められてきているようです。

そんなわけで、以前に書いた私の記述は間違っていると、先日会ったエステティシャンの友人に教えてもらいましたので、再度、セルライトができる過程を更新しました。


セルライトができる過程

1、正常な脂肪細胞
  脂肪細胞は点々と存在しており、毛細血管は脂肪細胞の傍に張り巡らされている
  脂肪の周りの繊維のようなものは、非常に細く、本数なども少ない

      ↓

2、慢性的なむくみ(浮腫)により、脂肪細胞の周りに血漿があふれ出す
  脂肪の周りは血漿だらけになる
  この段階では、まだ皮膚の外から見たり触ったりしてもても分からない

      ↓

3、慢性的なむくみ(浮腫)により、脂肪細胞の周りにある細い繊維状のものは太くなる
  脂肪細胞の周りにある細い繊維状のものは大量に張り巡らされるようになる
  この段階では、まだ皮膚の外から見たり触ったりしてもても分からない

      ↓

4、細い繊維状のものに脂肪細胞がスッポリと覆われてしまい、カプセルのようになる
  この段階では、まだ皮膚の外から見たり触ったりしてもても分からない

      ↓

5、細い繊維状のものに脂肪細胞がすっぽりと覆われた脂肪細胞同士が結合する
  皮膚の外から見たり触ったりしても分かるようになる
  押したりつまむと痛みを生じる

      ↓

6、さらに、「 5 」の脂肪細胞同士が結合して巨大化する
  皮膚の外から見たり触ったりしてもはっきりと分かるほど、巨大化してしまう
  触ると冷たい部分(脂肪)と熱い部分(脂肪)ができる

      ↓

皮膚の外から見たり触ったりしても分かるほどの、進行した凸凹のセルライトになる

広告