脚のむくみ予防

「仕事は座り仕事がほとんどで、脚がむくんで仕方ない」
「ほとんど歩かないので、仕事から帰ったら脚がパンパン」

このようなお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?
事実、私も以前会社勤めをしていた頃は、この悩みに悩まされ続けていました。

いーなコレクター で着圧タイプの靴下着圧タイプのストッキングをご紹介しているのもそのためです。
この時の苦しさを少しでも緩和するための情報を知っていたら、私の苦しみはもう少し少なかったと思うからです。

着圧タイプの靴下と着圧タイプのストッキングの機能

むくみは、軽いウォーキングストレッチなどを小まめに行ない、脚を動かしてあげれば起こりにくいものなのですが、一日中デスクワークをしていたり一日中立ちっぱなしの仕事をしなければならなかったりして、なかなか脚を動かせないお仕事をしなければならない場合があります。

ですので、仕事をしながらむくみを最大限に減らしていくこと」が、重要かと思います。

むくみやすい状態でお仕事をしていても出来るだけむくみにくくするための商品、それがで「着圧タイプの靴下」や「着圧タイプのストッキング」なのですが、「着圧タイプの靴下」や「着圧タイプのストッキング」は、通常のものよりも少々値段が高いです。

それは機能が普通のものと全然違うからです。
まず各々の商品に共通している機能は、『つま先は圧力が低く、くるぶし → 太ももに行くにしたがって徐々に圧力が低くなっている』ということです。

このことによって、血やリンパ液の滞りやすいつま先部分は血が通りやすい状態になり、足首付近からは血やリンパ液が上がりやすくなります。
(私が着圧タイプの靴下や着圧タイプのストッキングを使用した感じでは、脚のむくみがかなり起こりにくくなりました)


【着圧ストッキングと着圧タイプの靴下の機能】
  • つま先は圧力が低め
      ※ つま先が圧迫されるとむくむ為
  • くるぶし → 太ももに行くにしたがって徐々に圧力が低くなっている
      ※ 血やリンパ液を上半身に押し上げやすくする為

ひきしめストッキングの生まれた訳

元々「着圧タイプのストッキング」は、乳がんや子宮ガンの術後などに起こる浮腫( むくみの対策・予防の為に生まれました。

つまり「着圧タイプのストッキング」は、元々医療用品だったのです。
(イギリスでは実際の医療で用いられています)
この原理を、むくみやすい生活を送っている世の女性の悩みの解決の為に商品化したのが、現在市販されている「着圧タイプのストッキング」や「着圧タイプの靴下」なのです。

医療用として、むくみの改善に使われていたノウハウを生かしただけあって、各社良い商品がたくさん出回っています。

特に、イギリスで「Softgrip」や「Ultima」という名前で※1 静脈瘤の治療用に使用されている商品を製造販売しているドクターショールメディキュットは、着圧タイプのストッキングや靴下として有名です。


※1 静脈瘤 静脈瘤とは、静脈が正常に流れない為に静脈内の血液やリンパ液が逆流したり、うっ血したりする病の事を言います。
通常、静脈は逆流しないように弁が付いています。

その弁が破壊されると血液の逆流が防げなくなり、血液が重力によって下のほうに溜まってしまうのです。
そしてこれが静脈瘤となるのです。
脚に出来る下肢静脈瘤は、何らかの静脈の疾患、立ち仕事や出産や遺伝などにより発症します。
静脈瘤が出来ると脚のむくみも生じます。

広告