【ボーイッシュ】小尻の女はカッコイイ

ボーイッシュと聞くとみなさん、真っ先に何を連想されますか?
私は『小尻』だと答えます。
トイレの標識でも女性は下半身が大きく表示されていますね。
つまり、そのくらいお尻が大きいことは女性らしさの証であるわけです。

スポンサーリンク

しかしながら、最近はボーイッシュなスタイルがカッコイイとされています。
また、ファッション雑誌などを見ても非常にボーイッシュなモデルさんが多数掲載されており、それがまたメチャメチャカッコ良いのです。

ですので、今後はさらに小尻が流行っていくかと思うわけです。


お尻の大きな「ひょうたん」スタイルは流行らない?

胸も大きく、お尻も大きい、なのにウエストはくびれている。
そういった女性を好む男性は多いですが、女性に人気がある女性(バレンタインデーにチョコレートを多数プレゼントされる方)というものは、ボーイッシュなことが多いです。

女性にとっての憧れは、セクシャリティーを強調した女性美よりも凛として立っている、スラリとした中性的な美を持つ女性美であるかと思うわけです。

ところでこの中性的な美を持つ女性ですが、たくさんいる女性の中にほんの一握りだけこのような美を持ち合わせている女性がいますが、多くの女性が通常の女性の体型をしています。

「美の基準は中性的な美しさなのに、自分の体は通常の女性の体である」
ここに世の女性の感じる理想と現実のギャップから生じる不満が生じるのであると思います。


女性らしい体型である事

女性は骨盤が大きく幅が広く出来ています。
これは出産をするためには必要不可欠な要素です。
なぜならば、3kg近くある(場合によっては3kg以上)赤ちゃんを体内ではぐくみつつ更に出産しなければならないからです。
ですので、女性は骨盤が大きくなければならないのです。

しかしながら、骨盤が大きいだけでなく、骨盤が開くことによってもお尻の幅は大きくなります。
骨盤の広がり方は、生活習慣や姿勢や出産によって変化します。
ですので、広がってしまった骨盤を元に戻すことは、不可能ではないと思います。


ところで、野球選手のように思いっきり筋肉を鍛え続けると、お尻に筋肉がタップリとついてお尻が大きくなります。
日ハムの新庄選手は芸能活動も行っていることから、小尻のまま筋肉を鍛えられるようにトレーナーさんに依頼したそうです。

ですので、皆さんもお尻を小さくしたまま筋肉を鍛えようとお考えであるならば、ジムに通われる際にはその旨をトレーナさんに依頼してみると良いかと思います。


スポンサーリンク