ワーキングチェア

長時間体に合わない椅子に座り続けていると、骨格や筋肉などによくありません。
しかも、体に合わない椅子を使用し続けていると、疲労しやすくなったり、骨格が歪んでむくみの原因にも。
このようなことから、長時間のデスクワークをされる場合は、特に椅子には気をつけたいものです。

椅子には色々な種類があります。
台所でのお食事用のダイニングチェアや、肘をつけるようになっているアームチェアや、背もたれなどのないスツールや、廊下やお庭の休憩用のベンチなどがそうです。

しかし、長時間のデスクワークに使用するのであれば、やはりワーキングチェアを使用した方が良いと思います。
体に合った機能性の高い椅子は、姿勢の悪さから来る骨の歪みを軽減し、作業の疲れを改善します。

身長足の長さ短い方の場合、ワーキングチェアも身長や足の長さが短い人用の座面(お尻の乗る部分)が低いワーキングチェアを選ぶことが大切です。
どうしても見つからない場合は、フットレスト(足の高さを調節する台のようなもの)を使用することで対処できます。

広告