【炎症防止】 マッサージオイルについて 【黒ずみ防止】

何もつけずにマッサージをすると、何度もさすっているうちにお肌が傷みやすいです。
酷い時には赤くなります。



でも、マッサージオイルを使うと、肌と手から生じる摩擦抵抗を減らせるので、何もつけずにマッサージする時よりも圧倒的にマッサージがしやすいです。
特に、指や手で圧をかけてむくみの元凶の水分や老廃物を上へ押し上げる時には効果絶大です。
何もつけずにマッサージするとお肌や手が痛くなりやすいですが、マッサージオイルをつけると痛くなりにくいのです。

また、マッサージオイルを使用すると、マッサージのためのお肌を擦ってもお肌が傷みにくいです。
何度も手の平でお肌をこすってると、摩擦の影響でお肌や手が赤くなりやすいですが、マッサージオイルを使うと、手にもマッサージを行う箇所にも摩擦が起こりにくいので、お肌が赤くなりにくいです。

お肌が赤く炎症するのが繰り返されると、そこが色素沈着黒ずみやシミになりやすいですので、よくマッサージする場所を色素沈着で黒ずみやシミにしたくない場合は、マッサージオイルは必ず使うべきだと思います。

また、一般的にマッサージオイルに使われている精油香りが良いので、マッサージ中に心地良くなりやすいですので、ストレスによる緊張感や、むくみや疲労によるほてり感などを緩和しやすいです。
(精油の香りが合わない、好きでない香りの場合は、逆にストレスになってしまう場合もあります)

そのような理由から、マッサージオイルを使ったマッサージは、ヨーロッパ諸国(ドイツ・フランス・イギリスなどの国が有名で、多数のマッサージオイルが発売されています)だけでなく、アジア圏でも(タイ式マッサージ)使われています。

【ひたすら気持ちいい】 タイ式マッサージ体験談


マッサージオイルやマッサージクリームの中には、お肌をなめらかにして、恒常的なセルライトやむくみによる栄養不足ガサガサになったお肌に、栄養や潤いを与えるものもあります。

実際に使用してみると、使用前・使用後では、明らかにお肌の質が異なりました。
(マッサージに使われるキャリアオイル(精油を混ぜるための基礎的なオイル)自身にも、保湿効果があります)

セルライトケア用マッサージオイル使用体験談


マッサージを行うことで、セルライトケアやむくみケアだけでなく、セルライトやむくみによるガサガサでゴワゴワのお肌をなめらかで瑞々しいお肌にしたい方は、保湿効果やお肌を滑らかにしやすいマッサージオイルやマッサージクリームの使用がお勧めです。


※ 効果には個人差があります。
※ サイズダウンするには、食事制限・運動なども合わせて行うことが必要です。

広告

このカテゴリの記事

マッサージアイテム

その他セルライトケア