【退屈な時間を有効活用】 お風呂でセルライト対策

お風呂でもセルライトケアできます。
例えば、『 半身浴とシャワーをかけるという事を交互に行ってセルライト対策する方法』や、『入浴中にマッサージ機器を使ってマッサージしてセルライト対策する方法』です。

スポンサーリンク

『半身浴とシャワーをかけるという事を交互に行ってセルライト対策する方法』を行なう際には、効率よくセルライトケアマッサージをしたり、水道代を節約するために マッサージ機能つきのシャワー節水機能付きのシャワー を取り入れるのもありかと思います。

また、通販などでは、普通のお湯をお肌に良いとされるお湯に変えるシャワーなども販売されているようですので、セルライトでかさつきやすくなったお肌にはお勧めです。

セルライト対策用の高温反復入浴法

お湯の温度は40度にして10分程半身浴します。
さらに、20度程度のシャワーをセルライトの気になる部分に2分ほどかけます。
その後5分ほど半身浴して、また20度程度のシャワーを、セルライトの気になる部分に2分ほどかけます。これをもう一度繰り返します。

入浴法

湯温・・・40℃
@ 10分半身浴
A 20度のシャワーを、セルライトの気になる部分に2分かける
B 5分半身浴
C 20度のシャワーを、セルライトの気になる部分に2分かける
D 5分半身浴
E 20度のシャワーを、セルライトの気になる部分に2分かける

※ 効果については個人差があります


防水スマホケース
時間を忘れてスマホを見ながら入浴できてしまうアイテム。 一応念の為、ケースの水漏れには気をつけて。

防水時計
入浴中でも入浴時間の測定ができます。
浴室内のリモコンに時間表示がある場合は不要ですが、ない場合は入浴時間が計測できて便利です。
防水型の時計でないと故障の原因になりますので、防水型以外の時計は持ち込まないようにしましょう。

湯温計
温度をしっかりと計れます。
お風呂のお湯の自動調節機能がない湯沸かし器をご利用の方向けです。
アパートや湯沸かし器の機能が制限されており、湯温が安定しない場合におすすめです。
敏感肌で高温入浴はしない方が良い方にも。

お風呂用の枕
入浴中に使う枕です。
入浴中に使うと首や後頭部がサポートされるので長時間の入浴中に楽に過ごせます。
掃除の手間がかかりますしカビが発生しやすくなりますので、掃除が苦手な方は買わないほうが無難かも。


スポンサーリンク